2018年11月05日

フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記(4)


著者:気がつけば毛玉
出版社:スニーカー文庫
フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記(4)

ある日、何でも屋“フリーライフ”の店主、貴大を訪ねてきた幼なじみの倉本蓮次。二人は、3年半前の「あの日」の出来事を懐かしく語り始めます。親友3人で組んだパーティ「“フリーライフ”が、異世界に飛ばされ、どのような冒険をし、笑い、そして離別したのか…元の世界に戻ったはずの蓮次が現れた目的は?

今巻は、なんでも屋“フリーライフ”が開店する前のお話ということで、外伝的なものになっています。それはいいのですが、前巻で危惧したように、かなりシリアスな展開が含まれています。貴大の性格も現在とは大きく異なるもので、いままでの異世界スローライフの雰囲気はまったくありません。最近のラノベの欠点は、本編シリーズと同じ並びで、突然外伝が挟まれること。同じような雰囲気の外伝であれば、まだいいのですが、今回のように雰囲気が大きく変わる=根幹にかかわる部分が変わる=のは避けて欲しいですね。
この作品の良さは「働きたがらない」貴大のスローライフを描くものだったはずです。だから「異世界スローライフ」と銘打たれていると思うのですが、今回はその対局の展開になっています。独立した作品として読めば、十分面白いのですが、それまでの流れをぶった切るような展開は、今後読む気力を奪ってしまうものです。今巻のヒキからすると、次巻もまだシリアスシーンが続くようですし、どことなく悲劇の匂いを感じます。そうなると、スローライフを純粋に楽しめなくなってしまいます。

過去はともかく未来は明るい(と思わせる)状況でないと、日常系は辛いです。どうか、もとのまったりした世界観に戻りますように。

★☆
posted by あにあむ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184875290

この記事へのトラックバック