2018年09月20日

最高の二次元嫁とつきあう方法


著者:芦屋六月
出版社:電撃文庫
最高の二次元嫁とつきあう方法

二次元が好きと言いつつリアルに彼女がいたり、「○○は俺の嫁!」と言いながらシーズンごとに嫁が替わるような奴らとは違う。俺は…俺は本気で、二次元キャラ“胡桃すぴか”を愛してる。という変態が主人公・舞坂八雲。
ある日、八雲の前にすぴかが現れます。八雲の姉が科学を応用して、二次元キャラを三次元に呼び寄せたのです。目的は、二次元キャラのテーマパーク(要は二次元キャラが檻に閉じ込められ、それを鑑賞する動物園)の構築。二次元世界の住人とはいえ、彼女には感情があり、意志もある。姉の野望から彼女を守るために、二人の逃避行は始まる。

二次元キャラが三次元に現れたら? というお話ですね。この手の話は珍しいものではなく、古くは「キャラふる♪(葛西伸哉さん)」とか「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!(田尾典丈さん)」とかがあります。まあ「キャラふる♪」は微妙に違うかもしれないけど。
この作品のいいところは、すぴかがしっかりした自我を持っていること。二次元キャラだから、好き勝手にクンカクンカハァハァさせてくれるとか、妄想内のように自由にエッチなことも出来るといったキャラではなく、普通の女の子として描かれているので、物語に厚みが出ています。八雲と初めて出会った時の反応は、当然。有名人であれば「自分は知らないけど、相手は自分のことを知っている」というシチュエーションはよくあるでしょうが、普通は戸惑い、恐怖を覚えますよね。そこから、八雲との関係を築いていくという流れになっており、違和感があまりありません(ちょっとご都合主義ですが、それはラノベですから)

サブヒロインたちも、すぴかの声優、すぴかの原作者、主人公の姉妹と最小限に抑えられており、それぞれのヒロインたちとすぴかや八雲との関係性が掘り下げられており、ムダがありません。

若干中だるみがありますが、後半は一気に読み進めたくなる展開でした。エンディングもその先をいろいろ想像できるものでした。

★★★★
posted by あにあむ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184468415

この記事へのトラックバック