2018年09月07日

マモノな少女に囲まれたけど、果たして俺は「おいしい」のだろうか。 


著者:三鏡一敏
出版社:電撃文庫
マモノな少女に囲まれたけど、果たして俺は「おいしい」のだろうか。 

主人公は、王子・ルシエル。人族の王子で、聖王をつぐはずの第一王子。ところが、聖王になるための剣技もダメで、光の精霊の加護も得られず「無才の王子」と呼ばれています。ルシエルには、妹がいるのですが、小さい頃に魔物から守るために身を投げ出してくれた兄を偏愛しています。もっともそのベクトルはおかしく、ルシエルを丸腰で魔王城に送り込み「お兄様なら、きっと無双して帰ってき てくださいますわ!」といいだす始末…

魔王城で魔王と対面したルシエルは、なぜか魔王とバーで酒を酌み交わすことに…さらに、妹姫のあまりの行為に同情されてしまい、魔王城から逃がしてもらえることに…まあ魔王は「強くなってから、戦いたい」と放牧するような感じですが。しかしそこは魔物の巣窟。魔王が逃がしても、魔物はそうでない。そこで身軽になり(ぱんいちになり)必死で逃げるルシエル。気がついたら、人化したよい魔物たちがひっそりと暮らす村に迷い込んでいました。そこでケルベロス少女・コルルに助けられたルシエル。1ヶ月ほどで人族の世界へ帰れるということで、しばらくこの村にやっかいになることに。そこでドラゴン少女・ファニルら美少女たちと親睦を深め、ある意味「おいしい」生活をおくることに。ところが彼ら魔族にとって「人族の王族の肉は何も寄りもおいしい」らしく…

ヴァルハラに続いて、魔物が人間形態をとっているお話。さらに食事が重要なテーマとなっているところも同じです。さらに魔王が面白い性格なのもなんとなく…

ストーリーは非常に単純なもので、あまり盛り上がりはありません。なので、ストーリーを追うだけだと、評価はかなり低くなる作品ですね。登場人物による会話を楽しむというスタイルがこの作品にはあっているようです。コルルのおとぼけ感、ファニルのにまにましたくなるツンデレ感を感じながら、ルシエルとの会話を楽しむ。

欠点は、会話劇を楽しむ作品としては、長すぎる点。各章もボリュームがある割にストーリーは進まないので、途中で飽きてしまうこともあります。もう少しボリュームを抑え気味にしてもらえると、もっと楽しめそうです。

★★★
posted by あにあむ at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184359841

この記事へのトラックバック