2018年08月30日

俺の股間がエクスカリバー!


著者:遠野渚
出版社:講談社ラノベ文庫
俺の股間がエクスカリバー!

作者名みた時に気づくべきだった。もう完全にジュブナイルポルノです。ラノベが出てきた時(諸説ありますが)は、そういうシーンはなかったし、それからも寸止めが限界で、描写はほぼなかったのに、もうこの作品は官能小説ですね。

主人公は、勇者の一族に産まれた青年・ヴァン。彼は、エフルの姫・シフルとともに苦闘の末、魔王城までたどり着きます。しかしあまりにも強大な魔王・メサイヤの前に、なすすべもなく窮地に陥る二人。そのとき、魔王を封じる聖剣・エクスカリバーを召喚すると伝えられている宝珠が眩しい光を放ちます! 次の瞬間、ヴァンの股間にピンク色の象さんが現れ…パオ吉と名乗る象さんは、無限に伸びる長い鼻でシルフの豊満な体に巻き付き、吸い付き、こねくり回し、奇跡の力を発動した…

もうね、エロコメの匂いしかしないでしょ。エクスカリバー・パオ吉が能力を発揮するためには、マナが必要。そのマナは女性から提供される。マナは高度に錬成されている必要がある…もう分かってしまいますよね。象さんなパオ吉。マナを錬成…つまりは女性を絶頂させることで、錬成されたマナが放出されるという…なぜか母乳がでて、それがマナになるようですが… でこの設定だけだと、戦闘時以外には使えない…そのため「定期的にマナを補給しないと、ヴァンも倒れる」という設定をつけ、そういうシーンを増やす…

この作品で一番変態なのは、ヴァンの妹(遠縁)ですね。彼女は、パオ吉の能力を把握しており、マナを錬成する訓練(どんな訓練なんだ)を続けていたということ。なんという少女なんでしょう。

それはともかく、後半は結構シリアスな展開になります。戦闘シーンも増加しています。「守る」という意味を考えさせる、結構真面目な戦闘シーンなんですが…パオ吉のせいで、すべてがエロコメへ。

レーベル違いという感が否めませんね。まあタイトルからして、アレなんで、間違う人はいないでしょうが「これをラノベ」と思われるのは心外かも。

★★
posted by あにあむ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184296207

この記事へのトラックバック