2018年08月11日

14歳とイラストレーター(5)


著者:むらさきゆきや
出版社:MF文庫
14歳とイラストレーター(5)

また旅行に行く計画が浮上。悠斗たちは、行き先の検討をしますが、決め手がない。そんなとき、白砂から「八丈島なんていかがでしょうか? 私、そこの出身なんです」という提案があり、八丈島旅行に決定! 参加メンバーは、悠斗以外に乃ノ香、白砂、マリィ、ナス、ハラミの総勢6名。悠斗ハーレムご一行様といった感じになっています。

前回は、商業作品と趣味の違いなど重めの展開になっていましたが、今回は南の島での、バカンスということで、お約束の連続となるラブコメまっしぐらになっています。2泊3日の旅行ですが、乃ノ香の学校がない日ということで、秋の連休。そのため八丈島もシーズンオフで人影少ない状況です。

まずは空港からの移動方法で一騒動。車一台では全員が乗れない。ということで、レンタサイクルも借りて動くことに。まずは山の上の牧場を目指し、想像以上の坂に体力のないクリエーターたちはへとへとになります。その後は、地元民白砂による案内で、グルメを満喫…ってことなんですが、明日葉って結構癖あると思うのですが(特にお茶)、なぜかみんな大絶賛。昔飲んだ明日葉茶が異常だったのかなあ…

悠斗と各ヒロインによるお約束も多々。夜にマリィが悠斗の部屋を訪ねてきて、話をしているうちにマリィはそのまま就寝。朝、他のヒロインが起こしに来て、マリィがいるのに硬直。まあお約束ですね。混浴露天風呂のシーンもあります。
プールでは、ナスさんの水着に悠斗が舞い上がり「パレオの下はどうなっているんですか?」ととんでもない質問。さらに「見とれていました」ともうデレデレ状態。
乃ノ香とは、ホテル屋上で日の出を眺める。最近乃々香も、悠斗へのアプローチをするようになってきていて、ピトッとひっつくことが増えています。

それ以外のヒロインともいろいろあり、悠斗はいったいどうしたいのでしょうね? 年齢的にはナスさんが一番候補ですし、悠斗も意識している模様。マリィは、悠斗のほうに気がないようですし(女性というよりかは、子供と見ているような感じ)乃ノ香に対しては、責任感のほうが大きいようです。

これから先、どのように乃ノ香が成長していき、どのような人間関係ができあがっていくのか? リアルなようでやはり小説なこの作品。これからも小説として楽しませてもらいたいですね。

★★★
posted by あにあむ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184144793

この記事へのトラックバック