2018年07月20日

放課後は、異世界喫茶でコーヒーを(2)


著者:風見鶏
出版社:ファンタジア文庫
放課後は、異世界喫茶でコーヒーを(2)

現代から転生してきた高校生・ユウは、異世界の迷宮都市の郊外で喫茶店を営んでいます。理由は、現世で実家が喫茶店を営んでいたからで、少しでも現世とのつながりを持ちたいため。相変わらずリナリアとの仲も進展せず、ノルトリはいつものようにだらけており…そんな日常の中で、アイスコーヒーやパンケーキ、照り焼きバーガー、親子丼ならぬ親子パン等など新メニュー開発も続けるユウ。現世とまったく同じではないけど、似たような食材があるので、迷宮都市の住人にも受け入れられていきます。店主の仕事は、料理や飲み物を準備するだけではなく、お客さんの話をカウンター超しに聞いてあげることも含まれます。女の子にモテたい、一生だらけて生きたい、ずっと愛しのあの子のそばにいたい、立派なお届け屋さんになりたい…ささやかな夢を叶える力を与えるのもマスターの役目。もっともリリアナさんとは進展しませんが…

今回は、ほぼ「おっさん」が主人公。いろいろな経緯で喫茶店を訪れるようになった「おっさん」たちの想いが語られています。みないろいろな過去を持っており、現在の姿があります。誤った道に行ってしまった過去を持つ人もいますが、根っこは「いい人」ばかり。そんな彼らの夢を叶えるお手伝いをするお話が中心になっています。もちろんその方法は、喫茶店らしく飲み物と料理を使って…

1巻では、現世とのつながりが切れることを恐れて、お客さんと深く関わらないようにしていたユウ。それが原因でリリアナと喧嘩することになってしまい、少しずつ考え方が変わってきています。今巻では、さらにその傾向が強くなってきているようです。もちろん、現世の両親・友人たちを忘れた訳ではなく、気にしていることは事実。でも、異世界で築いてきた人間関係も大切なものだと考えるようになってきています。お客さんを通じて、いろんな人間関係を見ることで、想いが変わってきたのでしょうね。

リリアナとの仲は進展するのか? また元世界に戻る方法は見つかるのか? しばらくはまったりとした時間が流れていきそうです。

★★★★
posted by あにあむ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183948287

この記事へのトラックバック