2018年06月06日

勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている


著者:須崎正太郎
出版社:スニーカー文庫
勇者だけど歌唱スキルがゼロなせいで修羅場続きになっている

主人公・勇者アランは、剣も魔法もレベルMAX。しかし歌唱力(カラオケでのね)がないのが唯一の欠点。…普通なら別にどうってことない欠点なのですが、この世界(というかこの国)では、空唱(カラオケ)が大ブーム。学生時代に、音痴なことや、空唱のノリについていけないことから、同級生から馬鹿にされ、それがトラウマに。どの職業に就いても、空唱から逃れられない(歓迎会・慰安会・忘年会などなど)ので、唯一空唱に行かなくてもよさそうな勇者になったという経歴の持ち主。っていうか、空唱で適当にうまくなるほうが、勇者になるよりよっぽど簡単なんですけど、そこに触れてしまうと、この物語は終了してしまいます。念願の勇者になり、空唱から逃れられるはずだったアランですが、誰か(たいてい美少女)を助けると、お嬢様、魔法少女、女騎士がこぞって、アランの「はじめて」を奪いにくる修羅場に毎日になってしまい…気がついたら、受難のハーレムライフが始まっていた。

ってことで、カラオケがメインとなるファンタジーです。アランが美少女を助けると、空唱に誘われるというパターンが続き、ハーレムが構築されていきます。うん、まったく理解できないです。そもそも空唱が嫌だったら、はっきり言えばいいだけで、結局下心があるから、のこのこついて行っているだけですやん。守備範囲もかなり広いようで、ロリから年上まで、なんでもこいな下心。

ゲスな主人公だと思わせる前半。ところが中盤からは…もっとゲスになっていきました。空唱が嫌いなのは、個人の自由。でもアランは、勇者という立場を利用して、空唱を世の中から抹殺しようとします。そのために、元同級生を殺害したり、魔王と手を組んだり、歴史の改編を試みたりと、悪行三昧。すでに勇者ではなく、単なる極悪人に成り果てています。こんな主人公にどうやって感情移入しろというのだ?

空唱嫌いは、私もそうなので共感できます。でも、そこからの思考がまったくもってついて行けない。結局自己中なだけでした。空唱シーンも、テンプレで、歌われている歌詞も面白みがまったくない…もう少し考えるか、描写をすっ飛ばしたほうが、スピード感を確保できたんじゃないかな。

★☆
タグ:ラブコメ
posted by あにあむ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183444079

この記事へのトラックバック