2018年05月28日

異世界に転生したら美少女で女城主だった。


著者:水城みなも
出版社:ファミ通文庫
異世界に転生したら美少女で女城主だった。

黒猫を助けるため、七門景は生命を落とし…小国sテンベルグのお姫様ティフォに転生。ティフォは、ペットの黒猫に魂が入ってしまう。玉突き転生ですね。じゃあ、黒猫の魂はどこいった? 本筋とは関係ないのでひとまずおいておくことにします。

転生モノのお約束して、チート能力や特殊スキルを授けられることもなく、元の身体の持ち主がすぐそばにいるという不思議な状況。しかも二つの大国のうち一方から結婚、一方から戦争をふっかけられ、貞操も生命の絶賛危機のまっただ中。どうやって切り抜けていくのか?

身体の持ち主がそばにいるので、異世界で異性として生活することの一部分は助かっている景です。現状やお姫様としての対応などは、テイフォに教えてもらっているのですが、それ以上にまわりのキャラが強烈すぎて、主人公ペアがかすんでしまいそうです。
景が利用したのは、テイフォが完璧な美少女だという部分。むさ苦しいおっさんが頼んでも無視されることを、美少女が上目遣いで頼んできたら…勝てないということを利用したものです。まあ例によって景が主人公スキル持っているから、使いこなせているんですけどね。普通の人ならば、それまで経験したことのない世界で、妙案を思い浮かべるのも難しいでしょうし、現代日本で普通の生活をしていた人が、戦場で正気を保てるというのはかなり困難。

物語の前半は、コメディタッチで進みます。後半はかなり病んだ人がメインでストーリーが進むので、少々読後感が悪いですね。どうせなら最後までコメディで進めてもらったほうが、面白かったと思います。ティフォの許嫁が女騎士だとか、ロミオとジュリエットなイベントがあったりとか、コメディ部分のほうが読みやすいです。後半のシリアスパートは、サイコホラーな感じもあり、あまり楽しいものではありません。

これも一種のTSなんでしょうが、本人の嗜好は、その器に影響を受けるという考えのようですね。本来男である景が、ティフォの身体に入ったことで、イケメン騎士に惚れてしまうという、究極の三角関係ですね、

次巻も続くようです。もっとコメディに特化したら、読む気が増しそうです。

★★☆
posted by あにあむ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183345626

この記事へのトラックバック