2018年05月23日

乃木坂明日夏の秘密


著者:五十嵐雄策
出版社:電撃文庫
乃木坂明日夏の秘密

帰ってきた「乃木坂春香の秘密」です。
今回も当然、主人公目線で描かれております。そうでなきゃ、このシリーズじゃないですしね。ヒロインは、春香の娘・明日夏。容姿端麗で成績優秀な学園一のアイドル。そして、アニメ・マンガ研究会の部員として、アキバ系知識にも精通していることになっている彼女。ところが、そこには秘密があって…

春香は「アキバ系」ということを隠しており、それを主人公が偶然知ったことにより、物語が動きましたが、今回は「アキバ系でない」ことを隠しており、それを主人公が偶然に知ることにより物語が始まる…ここ数年でのアキバ系の扱いの差ですね。ただ秘密を知るパターンは前回をほぼ踏襲。白いぱんつが見えてしまうのも同じ流れ。今回はなかったのですが、続刊があればマウントポジションも登場するんでしょうね。その後も明日夏の秘密が少しずつ暴露されていくという流れなんですが、しっくりこない部分があるのも事実でした。それは明日夏の姉・未来の存在。実の両親がピアノ演奏会とビジネスで、ほとんど家にいないので、美夏が母親代わり(おかーさん)しているのは違和感ありません。ただ未来がどうしているのか? の説明がないんですよね。両親について世界を飛び回っているのか、どこか海外の学校に行っているのか? なので最初「秘密」を勘ぐりすぎて「明日夏は春香の未来の子供で、現代にタイムスリップしてしまった」とか「未来は実は存在していなかった」など変な方向に考えてしまい、純粋なラブコメに戻ってこれなくなりそうでした。

前シリーズのキャラも登場しています。ほとんど変わっていない人もいれば、えー!そっち方向に変わったのかよ! という人もいたりして、前シリーズファンにとっては、楽しい作品です。よくわからない例えも健在ですし「おにーさん」「ぷりてぃ美夏ちゃん」も復活。

最近電撃文庫での著作がなくなり、残念だったのですが、久しぶりに「これぞ五十嵐雄策」という作品を読むことができました。是非続刊を出して欲しいですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183296954

この記事へのトラックバック