2018年05月22日

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (3)


著者:春日部タケル
出版社:スニーカー文庫
美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (3)

前巻でメインになりそうで、メインじゃなかった天花。今回もメインじゃないと思わせて…メインでした。
天花が上梓したラブコメは、スマッシュヒットします。発売日前重版も決定し、久しぶりに素直な笑顔を見た清純は、作品をもっと多くの人に読んで欲しいと決意します。ひよこ&ソレイユペアの新作も、ネット放送でのひよこの天然さに妙なファン層がつき、重版が決定するなど、編集者としての清純も順風満帆かに見えたのですが。

今まではクリエイター同士の、争いといったシリアスシーンだったのですが、今回はやるせないシリアスシーンとなりました。きっかけは、一巻に出てきた天花の交通事故シーン。それを偶然見ていた人がとった一枚の写真。それを偶然見た人が、天花の美しさに芸能人と勘違い(ドラマ撮影シーン)し、ネットにUp。それが流出して、天花と清純が付き合っているという噂につながっていきます。天花が現役JK作家というのは、伏せられていましたが、本名をひねっただけのペンネームですし、制服や場所から人物を特定するのは簡単。さらに清純の特定も簡単だったこともあり、ネット上では清純を「担当美少女作家を食い物にする悪質編集者」と断罪。会社としても、天花が未成年であることから問題視されるのは当然で、清純は追い込まれていきます。彼が過去、筆を折ったのと同じような精神状態に追い詰められ出した結論は「自分が会社を去ること」 しかし、いつもは下ネタしか言わない副編集長に胸ぐらをつかまれ怒鳴られ、和先輩にも怒られ、自らの考えの浅さに気づく清純。でもだったらどうすればいいのか? 彼が出した答えは…

そうか、今回の主人公は清純なんですね。それを支える美少女たちという図式になっています。熱い展開で面白かったのですが、どうもネット(特に動画)が絡むと、嘘くさく見えてしまいます。全体を考えもせずに、けなしたり、褒めたりする人々。彼らが絡むと、すべてが薄っぺらくなってしまいます。

どうやら4巻までは続くようです。でも今巻で物語は完結しているような気がするので、(ヒロインたちの本心も暴露されたし)どんな展開になるのでしょうね? ここで読むの止めたほうがよかったということにならないことを期待して。

★★★
posted by あにあむ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183289303

この記事へのトラックバック