2018年05月08日

誰でもなれる!ラノベ主人公


著者:真代屋秀晃
出版社:電撃文庫
誰でもなれる!ラノベ主人公 〜オマエそれ大阪でも同じこと言えんの?〜

やれやれ系ラノベ主人公に憧れ「異能バトルが起きたらなあ」と夢想する平凡な高校生・恭介が主人公。平たくいうと中二病ですね。
彼が大阪の高校に転校してきて、日本橋で出会ったのは、ダメ親の借金を返済して魔術結社からの足抜けを願う魔術師の少女。ポンバシのワルキューレの異名を持つデスコア系地下アイドル、異世界転生者を自称するポンコツ美女、家出中の病弱薄幸な幼女。さらには、ヤクザと本物の悪魔…まわりはまさしく「異能バトル」が展開されているのですが、恭介は実は超現実主義者…そのため、目にした超常現象ですら「なかった」と認識するほど。その能力は他者にも影響する。そんなよくわからない存在の恭介が、日本橋で入手したレア同人誌が原因で異能バトルが勃発することになります。

一言でいうと「読みづらい」作品です。各章で一人称目線が変わっているのですが、そのため非常に分かりづらい。たぶん、リアル異能バトルVs超現実主義・恭介という対比がしたかったのだと思うのですが、妙に気持ち悪いです。さらに、恭介が天才的なマジック能力を持っているという設定があるため、どこからがリアルで、どこからが恭介の夢想か分からなくなっています。それが狙いだったのかもしれませんが、結果的にはメインストーリーがブレブレになっています。魅力的な登場人物が多いので、もったいないなあというのが本音ですね。

舞台を日本橋にした目的も達成できていないようです。たぶん魔術結社があるのは、五階百貨店のあたりだと思いますが、怪しさが全然出ていないし、串カツは日本橋ではなく、新世界だし、いろいろと…

次はもういいかな。

★☆
posted by あにあむ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183180993

この記事へのトラックバック