2018年04月27日

魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが、幸せになってはダメらしい。(2)


著者:手島史詞
出版社:GA文庫
魔王の娘を嫁に田舎暮らしを始めたが、幸せになってはダメらしい。(2)

絶対に結ばれてはいけないはずの、カズキとアストリッド。なぜか新婚旅行に出ることになって…本当魔王様は、何考えているんだという状態。しかも旅行先の部屋はベッドが一つだけ…アストリッドは、店の主人に「新婚旅行で緊張している」と思われ、アルコールを摂取させられます。結果、積極的にカズマに迫ることになり…耳年増状態なので、そういうことは理解しているアストリッド。ストッパーだったはずのカラス(四天王の一人)も、撲殺(いや、死んではいない)し、迫る迫る…カズキは耐えられるのか!

ということで、結ばれてはいけない恋に苦しむカズキの物語第二弾です。もう生殺し状態。お年頃なカズキがよく耐えているなあ。相手は受け入れる気満々なんですからねえ。
「わたし、カズキくんとハネムーンに行くの、夢だったんです♪」
「ひとりで寝るのは寂しいです」
ほら、もう誘いまくりですよ。

甘々な出来事が多発する新婚旅行。それだけでもカズキは精神力を削られまくっているのに、天使と女神の遺産を巡る陰謀に巻き込まれることになり、精神・体力・魔力すべての限界との戦いになります。

ラブコメと戦闘のバランスは相変わらずいいですねえ。戦闘に突入する理由も、しっかりしているし、アストリッドとカズキ中心に物語が回っているのもいいです。脇役も「そこにいるだけ」というものではなく、しっかり物語に関与していますし、そこもいい。かなり面白い作品であることは間違いないのですが、少し残念だったのはラストバトルへの、某○○さんの絡み方。もう少し積極的に動いてもいいんじゃないのかなあ。少なくとも愛するxxの危機だったんだし。まあそれが遠因でカズキが真の自分に覚醒したわけですが…

ここで物語が終わっても、おかしくないエンディングです。ここから先に続くのかどうかは、販売量で検討されるのでしょうかね。

★★★
posted by あにあむ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183092310

この記事へのトラックバック