2018年04月19日

中古でも恋がしたい!(11)


著者:田尾典丈
出版社:GA文庫
中古でも恋がしたい!(11)

前巻読んでから、結構(半年以上)経っていたようです。
しばらく続いた修学旅行が終わり、家に戻った清一を待っていたのは、聖美お手製バレンタインチョコによる、過激な試食テロ。一口食べたら、意識が深淵の世界に堕ちていくというシロモノ。清一だけでなく、まわりの人間も巻き込まれることに…そのため「仲直りしろ。可及的速やかに!」と古都子たちに迫られることになります。そして関係改善の協力を約束されるのですが、相手はあの聖美。一筋縄でいくはずもなく。

ということで、今回は聖美回になっています。が、正直この妹、好きになれないんだよなあ。小説ですし、文章にない部分は想像するしかないのですが、いままでの描かれ方からすると、性格が極限まで悪い奴としか認識できないんです。仲がいいとか悪いとかといったことが、どうでもよくなるレベルでの罵り。人を人と思わない扱い。それでいて、他の人に見せる笑顔。もう存在自体がウザイとしかいいようのない人物。そんな聖美が中心となると…やっぱりウザかったです。なんで仲直りする必要があるんだ? という感想しか出てこない。最後まで読んでも、そんな感想しか持てなかった。11巻まで来て、初登場時の印象が変わっていないというのは、ある意味すごいですけどね。それ以外のヒロインは、かなり変わりましたからねえ。あのいけ好かないアコですら、少しはマシになっているんだし。

しかし、清一のモテようは、なんなんでしょう? 本来聖美の本心を探ることが目的だったはずなのに、イブ、古都子、優佳のいずれも清一を誘惑しようとしていて…どの子でもあっさり攻略できそうな状況が続いています。

今回も結末というには弱い状況。まだしばらく続きそうです。古都子・優佳・イブの3人(+聖美)だけがヒロインとして回るという、最近珍しい少数精鋭型。今後もヒロインは増えずに、このメンバーで着地点を探っていくのでしょうね。タイトルを大切にするのであれば、もう一度古都子に問題が発生するというのが、本命でしょうね。あ、大穴で才谷がヒロイン枠に進出ってのもあるかも。一応一番わかりやすく男女を判別することができる、例のブツは観測されていないので、現状「シュレディンガーのネコ」状態。そう、男性である確率は50%なんですよね。…まあ世界観からいって、それはないと思うんだけどなあ。あと、才谷は本当に男性だったけど、清一が選んだのは…という腐った展開。まあそれは腐った二次創作にまかせておきましょう。

★★☆
posted by あにあむ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183022253

この記事へのトラックバック