2018年04月02日

14歳とイラストレーター(4)


著者:むらさきゆきや
出版社:MF文庫
14歳とイラストレーター(4)

悠斗が姉の京橋彩華と競っていた頃、小倉まりぃの新作イラストレーターとして、ネットで人気の絵師「白砂」が抜擢されます。所属する絵師クラスタの仲間に祝福されても「べつに商業が初めてってわけじゃないし?ふつーでしょ」と余裕を見せていたのですが、何度もボツにされ困惑します。なぜボツになるのかがわからず、袋小路に迷い込んでしまっているのですが、仲間にそのことを打ち明けることができません。白砂はどうするのか?
前回は、すでにプロになっている姉弟対決が描かれました。どちらもプロとして実績があるので、イラストに込める想いといったものが語られていましたが、今回は「絵のうまい素人」と「プロのイラストレーター」の違いが、ある意味冷酷に描かれています。白砂は、ネット世界では名の知れた絵師。そのプライドがあったのですが、プロの世界はテクニックだけでは語れない「何が」があるようで、その「何か」がつかめず四苦八苦しています。そこで、まりぃの別シリーズのイラストを描いている悠斗を訪ねてきます。悠斗は白砂にアドバイスすることになりますが、聞いておきながら最初は心を開こうとしない白砂。しかしそこはラノベ主人公属性のある悠斗。大切なことを彼女に教え、ついでに落としてしまったような気もします。

すべてを捨ててでも、その世界で生きていく決意があるか? 非常に重い決断が必要な事項です。すべての事象が「二択の世界」になっているとは思いません。Yes/No以外の回答があることも多々。でも「どちらも」という回答は、難しいんですよね。今回白砂は絵師クラスタの仲間と「仕事」を天秤にかけることになりました。本当の友人というのは、相手の状況を理解して、相手を高めることによって自分も成長していくもの。それができない人は友人ではない…言葉にしたら簡単ですけど、現実ではなかなかねえ。

もう一つ、イラストレーターとしての悠斗の心得も描かれました。それは「作品を好きになること」 これは本当にそう思います。「ビジネス」として描かれたイラストは、うわべだけなぞっているだけで、印象に残りません。その作品・人物を好き(場合によっては嫌い)という気持ちが入っていると、文章に溶け込んでくれます。さらに商用の場合は、見た人が楽しい(悲しい)という気持ちを想起させる「なにか」が必要なんでしょうね。
少し真面目な話が続きましたが、しっかりラブコメしてますし、楽しい作品であることは間違いありません。しかし悠斗と乃々香の関係は、恋人というより長年寄り添った夫婦のようになってきましたね。乃々香の両親も登場させて欲しいな。あともう一組。ナスさんとハラミさん。いや、なんかもうこの組み合わせでいいんじゃない? そのほうがナスさん、幸せになれるような気がする。

★★★★
posted by あにあむ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182871570

この記事へのトラックバック