2018年04月02日

異世界ギルド飯(2)


著者:白石新
出版社:GA文庫
異世界ギルド飯(2) 〜魔王とおでんと自衛隊〜

「腕によりをかけて作ってやるさ!」ギルドの地下食堂は本日も大繁盛。店主とチートな客が飯テロを連発!?カラアゲ&マヨネーズ、茹で&焼きズワイガニ、超高級日本酒&イカの塩辛、コーネリアの創作料理、トンカツ定食、心まで温まるおでんなどなど、みんな大好きな日本食が異世界を救う!? ということで、異世界冒険者ギルドの地下にある食堂の主人が主人公な、日本食無双物語。日本酒も登場しています。どうも獺祭のような気がするのですが、どうなんだろうなあ。それを「日本酒の最高峰」とか言われるの、私は嫌です。ってなことはおいといて、今回、店主の生い立ちと貯蔵庫の秘密が明かされます。なぜ、日本食なのか? 仕入れはどうなっているのか? などですね。

コーネリアが本来の目的「魔王として世界を滅ぼす」をどうするかが、今回のテーマになっています。カツカレーを食べるだけの少女ではなく、魔王としての本来の姿との葛藤が描かれています。でも、まあそこはこの作品のゆるさで、あまり深刻になっていないんですけどね。

異世界と現代世界は時間の進み方が違うようです。異世界の10年が現代世界の数日(?)くらいの感覚。まあそうしないと、設定に矛盾が生じるんでしょうね。異世界のほうが時間の立ち方が早いってのは、お約束ですから。

店主の生い立ちについては、さらに謎が深まったような気がします。…というか、矛盾を出さないよう無理矢理つじつま合わせしているような。ゆるいお話なんだから、いっそ「謎」のままにしてくれたほうが、楽しめたのかもしれません。本来メインテーマであるはずの、コーネリアの葛藤が妙に軽く扱われていますからねえ。

サブタイトルの自衛隊…別にいらんような気がする。もう少し面白くなるかと思っていたのですが、結局盛り上がりやまとまりに欠けたまま…ラストも端折りすぎで盛り上がらなかったし…「生徒会」や「GJ部」みたいに、ゆるく長く続けるのか、短くはじけるのか…そのどちらもできないままでした。少々残念な結果になっていますね。

★☆
タグ:★☆
posted by あにあむ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182868821

この記事へのトラックバック