2018年03月26日

俺もおまえもちょろすぎないか


著者:保住圭
出版社:MF文庫
俺もおまえもちょろすぎないか

付き合ってください!―少しでも“いい”と思ったらすぐに告白してしまう少年・星井出功成が主人公。冒頭部分から、彼の特性が表現されているが、正直かなりウザいというか、痛いヤツです。でも、友人からの評価を見ていると「なにか理由があるのかな?」と思わせる出だしになっています。そんな彼の前に、初鹿野つぶらが現れます。彼女は、超生真面目な性格で、どんなことでも真正面から受け止めてしまう子でした。誰にでも告白する「ナンパ男・功成」にも何か理由があるのだろうと、真面目に話を聞いてくれて…そんな彼女に「自分のことを理解しようとしてくれた!」と「好きだ!」と告白。つぶらは、「私で喜んでもらえたのが嬉しい…この気持ちを理解したいのでもっと教えてくださいっ!」とOK。ということで付き合うことになった二人はどうなるのか?

つぶらは、しっかりしすぎて、友達が少ない残念な少女。実は功成の妹が親友という子だったりします。功成も、その行動故、女性陣にひかれていますが、実はとてもいい人。そういう二人が、いろいろな問題を乗り越えながら、絆を深めていく姿が描かれています。
作者はアダルト系シナリオライターのようですが、この作品にはそういった要素はまったくなく、非常に爽やかなストーリーになっています。まわりのキャラクターの位置づけもなかなかうまく、無駄な登場人物がいません。主人公の背中を押している、幼なじみ(失敗したら、私とつきあってもいいんじゃないとアピールしているのに、まったくもって本気にされないかわいそうな幼なじみキャラ)。ブラコンというわけではないけど、主人公のことを大切にしている妹。それぞれが、主人公との関わりの中で生き生きと描かれています。

この方向性であれば、次回作も読んでみたいですねえ。

★★★☆
posted by あにあむ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182805550

この記事へのトラックバック