2018年03月23日

天使の3P!x11


著者:蒼山サグ
出版社:電撃文庫
天使の3P!x11

ついに最終巻となりました。
キッズロックフェスで予選を通過するため、潤たちは霧夢たちと組み、六人体制のバンドで挑むことに決めたのだけど
「絶交!完全に絶交よ〜〜〜!」
と別れ別れになってしまいます。3Pバンドと打ち込み中心バンドが一緒になったため「音が厚く」なるメリットはあったものの、音がかぶってしまうというデメリットが…お互いが一歩引けば、どうってことなかったのですが、ちょっとした主張の食い違いから、大きなトラブルに発展してしまいました。
そんなバンドメンバーを再び一つにするため、響が一人で頑張ります。元々本当に二度と会いたくないと考えている訳でないメンバーたち。掛け違えたボタンを直すことができたら、より強固なものになるはず。まずは身近な妹のくるみの意見から確認していく響。もう一度「どこに問題があるのか?」を考えることで、トラブルを乗り切っていきます。

後半は、キッズロックフェス本番が描かれています。その場でもいろんな問題が発生し、それを成長した響が解決していきます。っていうか、響の台詞は、端から聞いていたら完全に口説いている(というよりプロポーズ)としか思えないですね。最強のたらしだった響。それが全体の印象になってしまいました。

そうそう、今回もくるみは、響とお風呂に入っています。でも、少し変わってきたようで、身体の中心を手で隠すようになったそう。少しずつ成長しているんですね。正常な方向に成長しだしたくるみ。果たして、響はこれから先、どうなるのでしょう…

今回で一応のピリオドが打たれることになりました。少し残念な気もしますが、少しずつ作者の音楽嗜好の押しつけが出てきていたので、いいタイミングだったのかもしれませんね。

★★★
posted by あにあむ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182774078

この記事へのトラックバック