2018年03月14日

魔法少女のスカウトマン


著者:天羽伊吹清
出版社:電撃文庫
魔法少女のスカウトマン

主人公は、黒羊のマスコット−ではなく、凄腕の魔法少女スカウトマン・ジェイジェイ。人の心を喰らう怪物「ソウルイーター」と魔法少女が戦っている世界。ところが近年のアニメや小説による風評被害により、魔法少女業界は深刻な人材不足に陥っています。
そのため、一度は引退していた「凄腕」のスカウトマン・ジェイジェイに再び声がかかります。適正を持った乙女を探し出し、誤解を解いて契約を交わせるか! 魔法少女スカウトマンを描いたラブコメ。

魔法少女が魔法を使う源泉は、魔法少女の恥じらう心。ソウルイーターは、人の羞恥心が好物だけど、限界以上に喰らわせれば倒すことができる。そのため、魔法少女は、恥ずかしい思いをする必要がある…これは、決して魔法少女に知られてはいけない秘密となっています。今回登場する魔法少女も、武器を出すためにスカートを太ももあたりまでまくり上げなければならない少女、分身できるけど分身が素っ裸な少女、ブルマをはかされた少女などなど。そう恥ずかしいのベクトルは「エロ」方向に振り切られています。そのため、パンチラといった優しいものではなく、乙女の秘密モロだしというシーンが続出しています。魔法と関係のないところで、大人への階段上ってしまった少女もいますし、ラブコメというよりエロコメですね。

ジェイジェイは、マスコットのような姿をしていますが、少女のことを一番に考えている非常に有能なエージェントです。その優しさ故、魔法少女と一線を越えてしまい、さらに子どもまで作ってしまった…そのため、一時期前線から外されていたのですが、緊急事態なため、戻ってきています。他のエージェントは、ネコ型だけど角があるという設定。この角は、物語後半で、とある魔法少女の大切な部分に挿入されてしまいます(単なる事故)羊の角も、少女が大人の階段上がる(要は絶頂する)道具となっていましたし、そういう趣味がある作者さんなのかな?

魔法少女をスカウトしていくことの繰り返しになると思っていたのですが、単純なスカウト話は案外少なくて、すでに魔法少女となった少女たちとの話が多くなっています。アフターサービスですね。

★★☆
posted by あにあむ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182686556

この記事へのトラックバック