2018年02月26日

ピリオドからはじまる魔導機書(2)


著者:水月紗鳥
出版社:MF文庫
ピリオドからはじまる魔導機書(2)

「未完の魔導機書」を求め、襲撃してきた魔法使い・冷香と魔導機書・ロコを、撃退した真夜と音々子。自らの識らなかった「愛」を識り(つまりはヤッちまったということですな)、愛を深めあいます。そんな中、二人は街中で狐耳と尻尾を持つ美少女・玖印と出会います。幼い容姿の玖印は、なぜか真夜にベタベタとまとわりつきます。音々子たち曰く魔導機書ではないとのことですが……ということで、またもやトラブルに巻き込まれる音々子と真夜。今回は、ケモミミ娘大集合!

甘いです。前巻も甘かったけど、今回も胸焼け必須です。もう細菌すら耐えられないレベルの甘さです。今回は玖印という新ヒロインも登場していますが、前回兄・真夜のベッドで、こんなことやあんなことをしていたという妹がメインヒロイン的立ち位置。つまり、ピンチに陥ります。それでも、真夜に心配をかけないようにと、少なくとも真夜の前では、元気な姿を見せる健気さ…兄への異常な愛情がなければ、ポイント高い美少女なんですけどねえ。前回、敵として登場したロコや冷香も再登場しています。というより、かなりメインな役回りになっています。

今回は、それよりもケモミミ娘が大集合しているほうが重要かな? 音々子(猫耳)、ロコ(兎耳)、玖印(狐耳)。しかもこれらのケモミミ娘が、真夜Love(形は違えど)なんだから、リア充爆発しろ! ですね。 どうやら、ケモミミ娘は、その耳により、性格も変わるようです。ということは、これからも犬耳だとか、熊耳だとかが登場するんですね? そうですよね? せめて犬耳だけでも〜

この作品は、基本「悪人」が出てきません。立場の違いによる衝突はありますし、それに伴うシリアスシーンもあります。でも、根っこの部分は、善人たちの集まりなので、読後感が爽やかなんですよね…嘘つきました。甘さに胸焼けします…

にまにまと激甘に耐えられるのであれば、おすすめできる作品です。ただ心がささくれ立っている時に読むのはやめましょう。ごっそりライフ削られること請け合いです。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182514441

この記事へのトラックバック