2018年02月01日

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (2)


春日部タケル
著者:春日部タケル
出版社:スニーカー文庫
美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!! (2)

天花の新作ラブコメが完成。そのクオリティの高さに圧倒される清純。でも当の天花は打合せで、
「あ、あくまで作品の参考ですけど、もし女子高生に告白されたら……どうしますか?」
と奇妙な質問をしてきて、顔は赤いし、なぜか顔を見てもらえない…ラブコメ主人公らしく、鈍感な清純。それよりも、作品の魅力をUpさせるイラストレーター探しのほうが気にかかるようです。普通はもっと早い段階でイラストレーターに発注するのですが、あまりにも早くできあがってしまったため、ギリギリ(というより遅い)での発注。しかも清純にはコネがない…ところが、ダメもとでメールしていた超売れっ子絵師・ソレイユから「OK」の返事が! 喜んで、ソレイユとの打合せを設定すると、現れたのは可愛く優しい、さらに締め切りを守る天使。もう彼女に頼むしかない!と盛り上がる清純ですが、なぜかそこになぜかノッている時はすごいクオリティのイラストを描くけど、性格に難あり、締め切り守らない歪凶魔も現れます。絶賛失踪中の編集長が、二人に「コンペ参加依頼」していたようで…果たしてどうなるのか?

とあらすじでは、天花中心と思わせておいて、天花の出番はここまで。あとはもう一人のヒロイン・ひよこ中心となります。前巻でスランプに陥ったひよこ。筆を折る直前の彼女にもう一度作品を書いてもらおうと頑張る清純の姿が描かれています。後半は、歪の前に心を折られたソレイユの話が中心。いずれも、天花・歪といった天才(努力をしていないという訳ではなく、とてつもない才能を持った人たち)によって心折られた人たちを助ける清純というストーリーになっています。

今回登場したソレイユ。表の顔と裏の顔のギャップが激しい…っていうか、裏の顔はドン引きするというレベルを越えて、嫌悪感を抱かせるものでした。絶対かかわりたくないタイプですね。歪のほうが、まだ付き合えるかな?

ひよこは、相変わらずクールビューティ(クールプリティ?)を装ったドジッ娘ぶりを発揮しています。清純の前でおぱんつさらすこと数度。ついでに清純のパンツまでさらしていますが…そのどうしようもないセンスのギャグも健在です。

今回ヒロインが追加投入され、清純のまわりはどんどんハーレム化してきています。ただ、その状態を全ヒロインが共有している訳ではないので(特に天花)これから先、修羅場が待っていそうですね。「編集者が作家に恋愛感情を持つのは失礼」といっている清純ですが、彼の言動は「無意識にフラグをたてまくる」という、ラブコメ主人公そのものですから、まだまだ騒動は続きそうです。

前巻はダブルヒロインを生かし切れていないという印象でした。今回は複数ヒロインがいることにより、ラブコメ度は増強されていますが、またもや天花が置いてけぼり。まるで幼なじみのような立ち位置になっており、かわいそうですね。当て馬にするのであっても、もう少し優しくあつかってあげてください。

★★★★
posted by あにあむ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182296013

この記事へのトラックバック