2018年01月26日

終末の魔女ですけどお兄ちゃんに二回も恋をするのはおかしいですか?


著者:妹尾尻尾
出版社:ダッシュエックス文庫
終末の魔女ですけどお兄ちゃんに二回も恋をするのはおかしいですか?

人類最強の歩兵として従軍していたことがあるが、今は普通の男子高校生である昴が主人公。ある日、四女・紅葉が魔力が枯渇して禁断症状が出た状態で昴もとに降ってきた。しかも記憶を失っている状態。幼い頃に交わした妹の約束を果たすため、人類の敵と己の理性に力限り立ち向かう、限界ギリギリエロティックアクションということです。第5回集英社ライトノベル新人賞・特別賞受賞作。

ってことなんですが、確かにエロコメ要素もありますが、シリアス寄りの作品でした。タイトルやあらすじからはずれていますね。原因は、この作品の出自にあるようです。もともとエロコメだったのを、リテークでシリアスに修正。でも結局評価されたのはエロコメ部分だったと…素直にエロコメにしてもらったほうが面白かったかも。

人間を食らう界獣と、それに対抗できる数少ない魔女。かつて七人の義妹たちと、魔族としてともに戦っていたけど、あることが原因で戦場から退いた少年・昴。彼の前に四女・紅葉が現れますが、軍から脱走してきており、記憶を失っていました。魔力が枯渇すると、魔力タンクである兄から魔力を譲ってもらう必要があり、その方法が接触。お約束で、粘膜接触が一番効率いい。ついでに魔力を供給する側もされる側も気持ちがいい。んで、魔力が満タンになったら「イクッ!」という設定もあります。エロコメ用鉄板設定ですね。でも、ストーロー全体はシリアスなので、少々浮いてしまっている感も否めません。もう少しバランスがよかったらなあ。他にも、姉妹数が非常に多いのに、実際に登場するのは3人だけとか、軍組織がいまいちよくわからないとか、中途半端なところが残っていますね。コメディよりの作品を上梓されるようであれば、もう少し読んでみようかなあ。でも同時期に刊行された作品は、かなり暗い話のようですし、どうしようかなあ。

この作品で一番受け入れられなかったのは、紅葉の胸(表紙)。おかしすぎるだろ。ここまでくると、悪意しか感じられません。

★★★
タグ:異能 ★★★
posted by あにあむ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182246344

この記事へのトラックバック