2017年12月27日

黒騎士さんは働きたくない(3)


著者:雨木シュウスケ
出版社:ダッシュエックス文庫
黒騎士さんは働きたくない(3)

獣人街でヒキニート生活を絶賛謳歌中の元・黒騎士クロウは、アシュリーにビンタを食らいます。どうやら大事な約束をすっぽかしたらしいです。さらにそこへかつての部下、四魔将の一人・イングリッドが現れます。彼女もまた、クロウが守らない約束があるので殺しに来たといい、クロウに本気になれと迫ります。それでも「約束なんて知ったことか、なぜならおれはクズだからな」とスローライフを続けようとしますが……

相変わらず、ヒモ生活を謳歌しているクロウですが、黒騎士時代のしがらみがそれを許さない状況になってきました。アシュリーにまで怒られ、さらにイングリッドが殺しにくるという状況。そんな混乱の中、パスティアが持ってきた猿退治の仕事に嫌々ながら向かいます。このあたり、律儀ではあるんですよね。その律儀さをもっと他に生かせばいいのにと思うのですが、どうもそれができないのがクロウなのかも。

実はクロウ、約束は守ってきていました。前巻で登場したシャリリンとの約束も覚えていましたし、それを果たそうと動きました。ではなぜ今回、アシュリーとイングリッドの約束をすっぽかしているのか? その理由は、本編で明らかになりますが、一つは単純なもの、そしてもう一つはかなり複雑なものとなっています。単純なほうは、誰にでもある話で、ある意味痴話げんかといってもいいかも、といった内容。もう一つは結構重い話になっています。この約束の話だけだと、重いストーリーになるのですが、そこにミアルVs闇商人だとか、いろんな場面でクロウを助けるシャリリンの存在が、場を明るいものにしています。でもシャリリンも脳天気というわけではなく、長い生命を持つものとしての、葛藤はあったようです。それを乗り越えて今のシャリリンがあるようです。

今回もヒキニートになりきれず、結果的には働き者になっているクロウ。イメージとしては、必殺仕事人の主水のようなものかな? 昼行灯だけど、裏では切れ者という。

今回、ストーリーが盛り上がっています。さらに新しい展開が示唆される終盤なのですが、シリーズとしては3巻で終了するようです。最近は作者が考えいたであろうラストシーンにたどり着ける作品が少なくなっていますね。とりあえず出版してみて、ハズレたら、即打ち切り。ならいっそ文庫ではなく雑誌連載にして欲しいです。昔のザ・スニーカーのように。そして連載が貯まったら文庫化する。そうすれば、もう少し打ち切り作品が文庫出版されることが減るのでは? と思ってしまいます。まあ今の文庫を「雑誌」と割り切ればいいんでしょうが……

★★★
posted by あにあむ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181957676

この記事へのトラックバック