2017年12月15日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(2)


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?(2)

部室に置かれていたラブレターは、なぜか新品のぱんつとともに置かれていた。その差出人候補となったのは、ドS、ドM、そして腐女子……ろくでもないヒロインに囲まれて、桐生慧輝に未来はあるのか?

この小説が救えないのは、ヒロインだけでなく、主人公およびその友人も十分変態だということ。まあ主人公の巨乳好きはいいとして(単なる好みのようだし)シスコンぶりは、十分に危ない。「シスコンはおまわりさんに捕まらない」ってそういう意味じゃないんだけどなあというレベル。まあ妹もブラコンなんで、釣り合いはとれているのでしょうが。で、親友が一番危ない。幼女大好きロリ。それも合法ロリは許せないようで、正真正銘ロリでないとダメなよう。それを理由に告白を断るくらい筋金入り。存在だけで単純所持になりそうですね。そういう意味では、ヒロインのほうがマシなのかも。性癖で片付きそうですからね……てなわけなく、書道部部長紗雪先輩は、巨乳(はどうでもいいか)黒髪美少女。見た目は清楚なのに、慧輝の犬になりたいと宣います。恥ずかしさを快感に変換できる、特殊技能も身につけています。逆に貧乳金髪美少女の唯花は、女王様気質。いじめることで快感を得るという特殊技能つき。も一人の同級生は、慧輝と親友(翔斗)のBLを描いている程度。まあ「しょーとけーき」とゴロはいいですね。

前巻では、ぱんつのシンデレラ候補がみな、見た目は美しいけど変態という救いがない展開になっていました。今回は、さらにシンデレラ候補が追加投入されているんですが、そちらも変態。ついでに、合法ロリな先輩も登場しているのですが、こちらも変態。ともしかして、この学校変態しか生息できないというルールがあるのでは?といった状況になってきています。

ストーリーは、シンデレラ探しと平行して、合法ロリによる、本格ロリ愛好者へのアタックが行われます。変態的性癖を無視すれば、青春ラブコメなんですが、それはできないよなあ。

前巻も思ったのですが、変態が多すぎて笑えません。というか、寒気がします。すでにラブコメではなく、ホラーになってきています。この作品、ちゃんとオチがあるのでしょうか?

すでに3巻も購入済みですが、さらなる変態がわいてきそうで不安であります。

★★★
posted by あにあむ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181850107

この記事へのトラックバック