2017年12月12日

魔法使いにはさせませんよ!


著者:朝日乃ケイ
出版社:GA文庫
魔法使いにはさせませんよ!

人類を脅かす侵略獣(ファイント)に対抗できるのは、魔法使いと魔法少女のみ。魔法少女は、その名の通り魔力を持った少女。で、魔法使いになれるのは、30歳まで純潔を守り通した…童貞だった男子のみが覚醒できる! えーと、泣いていいですか? 魔法使いは世間からあまりよく思われていない模様。そりゃ、童貞おっさんずより美少女に助けられたほうがいいよね。ということで、魔法少女と魔法使いは仲が悪いようです。

魔法使いを目指す男子は思春期に入る前から、女性から隔離して教育をしている世界が舞台。やだなあ、30歳まで男だらけの学園で生活するなんて。万が一にも間違いが起こらないよう、教師や職員も男性で統一されている模様。って、本人の意思で入るのかなあ?

そんな、いろんな意味で嫌な学園に通う鞘波黒刃が主人公。どうやら素質はかなりあるようで、授業にも出ず鍛錬を続けているストイックな少年。どうもモテないというわけではなく、月一回許される外出日には、幼なじみの美少女とデートをするという恵まれた環境。もっとも、デートで万が一のことがあってはならないという理由で、教師が監視についてくるようですが… 

そんな黒刃の前に、一人の魔法少女・白啾なしろが現れます。最初は、街中でファイントから助けてくれたのですが、なぜか男子のみ魔法使い学園に転入(祖父が理事長という理由で、校則変えさせた模様)してきます。しかも黒刃のことを狙います。魔法で拘束して、ナイフでグサッ! ではなく、薄いネグリジェをまとって「逆夜這い」を仕掛けてきます。自他共に認める美少女であるなしろ、思春期男子の下半身が反応しないわけはないのですが、なんとか意思の力ではねのけます。
「わたしの初めて、捧げたいんです。わたしなんかじゃ……不服ですか?」

彼女の表向きの狙いは、黒刃の童貞を奪い、魔法使いとしての能力を潰してしまおうというもの。で、そんなことを考えている魔法少女の組合は多数あるようでして。って魔法少女もどうかしているな。

黒刃の目の前にぶら下げられたにんじん。それでも、意思を変えない理由はどこにあるのか? またなしろの本当の目的は?

てな展開になっています。少し前までラノベのお約束であった「寸止め」の理由として、うまく考えられていますね。最近は、自制しない主人公が普通になってきたので、ある意味新鮮な感じがあります。なしろが、一方的に魔法使い候補生・黒刃に敵対するのではないところも好感。幼なじみが蔑ろにされていないのも好感が持てます。シリアスなようで、どことなく間抜けな香りのするラブコメ。楽しめました。

でも帯はもう少し考えてくれ〜。
★★★★
posted by あにあむ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181823685

この記事へのトラックバック