2017年12月08日

黒騎士さんは働きたくない(2)


著者:雨木シュウスケ
出版社:ダッシュエックス文庫
黒騎士さんは働きたくない(2)

あいかわらず獣人街でヒキニート生活を送る元・黒騎士クロウ。ジェダの言いつけで、大森林へ嫌々お使いにいくことになりますが、そこでかつての部下であるシャリリンと再会します。彼女は、美少女ゾンビ。戦いの中で死んだ(元々死んでいたという話もある)と思い、クロウによって墓に葬られていました。しかしそこはゾンビ。土に埋められたことにより、癒やされ復活したとのこと。レイニアと出会う前に、すでにシャリリンは土の中だったため、犬鳴亭の女性陣にとっては、クロウとの親密さに驚きが。特にレイニアには焦りもあったようです。一方、ルーミィはレイニアの幸せを願うがゆえ今回も暴走しまくり。クロウに夜這いをかけてみたりと通常運転が続きます。

シャリリンの居場所も見つかり、ヒキニートな生活に戻れると思ったクロウですが、今度はレイニアが謝って「酔夢の実」を食べてしまい、女王に覚醒してしまいます。今までのヒキニートを認める、ほわっとした姿ではなく、かなりきつい性格に。でもクロウのことが好きということは、変わらないようです。そのため、いろいろな騒動を引き起こすことになり、ここでもクロウはゆっくりできません。さらにアシュリーもクロウを誘って、出会い茶屋でお泊まり寸前。とどめはダンジョン攻略と、全然スローライフじゃない。

というか、この作品でクロウがスロウライフを送ることは、夢物語なんでしょうかねえ。好意をもった女性がまわりにいるという、非常に恵まれた環境であるにも関わらず、クロウの本当の幸せは来ないようです。しかし、黒騎士時代のクロウって、どれだけの苦労をしてきたのでしょうね? かなりひどい目に遭っていないと、ここまでヒキニートにならないような…

★★★
posted by あにあむ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181793355

この記事へのトラックバック