2017年12月05日

異世界ギルド飯


著者:白石新
出版社:GA文庫
異世界ギルド飯 〜暗黒邪龍とカツカレー〜

主人公は、異世界にある冒険者ギルドの地下にある食堂の主人。この食堂は、一つの冒険者ギルドだけでなく、その世界の冒険者ギルドの地下に日替わりでつながる扉を持っています。そこで供される料理は、主に日本の食材と料理。でも主人は日本から転生した存在ではなく、その世界に生まれた異世界人。ただその食堂には、現代日本に通じる扉があり、それを通って日本(どうやら東京)で仕入れをしているという設定になっています。そのため、その世界では非常に高価なガラスコップや氷といったものが準備できるという環境にあります。でも供される料理は、カツカレー、生姜焼き定食、焼き肉といった現代日本の定食屋で食べられる身近なものばかり。

そんな食堂に集う常連も、変わった人ばかり、で魔王の娘、魔術師、若き英雄など。誰もが食堂内では平等で、たとえ皇帝であっても、満席だと断られてしまう食堂となっています。

連作短編形式になっており、それぞれの短編で第一人称で語る人物が異なるので、最初は戸惑いました。そもそも食堂の設定がよくわからないものですからね。主人公に日本人の血が流れているのは間違いない。でも貨幣単位がよくわからない。現代日本で仕入れができるということは、貨幣が同じなんだろうか? 「異世界Cマート」では、そのあたりを無理矢理解決していますが、この世界でも似たようなものなのかな?他にも店主が、どのようにして「現代日本」の料理技術を身につけたのか?が不思議ですね。

最初のエピソードで、魔王の娘が現れ、その子がヒロイン的立場となっています。最近流行の魔王の娘タイプで、素直で優しい性格。態度だけはでかいけど…年齢は不詳ですが、見た目は10歳前後の美少女と狙っています(なにを?)

前半は、食堂内で起こる出来事が会話中心で描かれ、料理をスパイスにした「日常もの」といった感じでまったり進みます。ところが後半は、いきなり「料理大会」や「武術大会」といったものが出てきて、話がぶれてしまっています。料理大会のほうですが、いろいろと突っ込みどころが多い展開になっています。特に化学調味料のくだり…化学調味料がチート級の万能調味料と捉えられていますが、もともとそのようなものを口にしたことがない(自然食しか食べていない)人には、逆効果になるような。実際化学調味料は、舌がしびれますからねえ(私の場合) それを「おいしい!」というのは、どうなのか? まあ日本食を「おいしい!」と絶賛している世界ですから、似たような味覚を持っているのかな? たとえ日本であっても、地域によって味付けの好みは違うはずなのですが、そういったことを無視してしまっているのも残念。いや、日常ものであれば別にいいんです。料理対決とかやってしまうとね。

もう少し様子みてみないと、どっちに転ぶかわからないですね。

★★
タグ:★★
posted by あにあむ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181765174

この記事へのトラックバック