2017年11月30日

俺、「城」を育てる


著者:富哉とみあ
出版社:ファミ通文庫
俺、「城」を育てる 〜可愛いあの子は無敵の要塞になりたいようです〜

なろう小説です。というか、もうなろう小説避けていたら、読むラノベほとんどなくなってしまう。きちんとしたお話も増えていますしね。

主人公はD級冒険者のトーマ。森で魔物に襲われ、瀕死で倒れているところを、謎の幼女・イェタに助けられます。彼女に言われるまま、彼女が住んでいるという廃城に案内されるのですが、実はその城の精霊だったというお話。イェタに魔物(の死体)を捧げるとポイントが貯まり(魔物の種類や損壊具合で変動する模様)、そのポイントを使って城を改修したり、新しい設備を配置したりできるシステムになっています。SimCity的というか、TRPG的というか、まあ斬新なようで、よくある仕組みではあります。イェタは、お城をパワーアップするのが望み。トーマはイェタの期待に応えられるのか?

いろいろすっ飛ばされた部分があるのが残念ですね。一つは、なぜトーマを選んだのか?森にはいろんな冒険者が入っているようなのに、さほど強くないトーマを選んだ理由が書かれていません。なにか理由があったほうが二人の絆にもなるような…もう一つは後半のポイントインフレ。前半は10pt稼ぐのにも苦労しているのに、後半は数千Ptがあっさり。まあ協力者が非常に多いので、人海戦術といえばそれまでですが、それだけ魔物がいるんだったら、普段からもっとエンカウントしていたのでは? という気がします。最後に「なぜトーマはギルドマスターに特別扱いされているのか?」という説明が弱いです。うーむ。

これらを黙認できれば、ストーリーとして面白いのは事実。イェタが健気で明るいのが、物語全体の雰囲気を明るくしていますね。「やったーっ!お城また強くなったー!」と可愛い子が言うようだったら、頑張ってしまうのが性というものでしょう。

★★★
タグ:異能 ★★★
posted by あにあむ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181716866

この記事へのトラックバック