2017年11月24日

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(4)


著者:恵比須清司
出版社:ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(4)

人気声優の桜が、家出して氷見祐の自宅に転がり込んできます。しかもなぜか親も家出していることを知っているという不思議な状況。こんな状況を妹の涼花に見られたら、人生が終わってしまう。なんとかばれないように頑張ろうとしますが、そんなことは不可能。あっさりバレてしまいます。そこで桜が追い出されれば、話は終わるのですが、妙に説得力のある桜の話術に涼花が陥落。さらに本当の妹にしてほしいと言い寄る桜に、なぜか涼花が対抗意識を燃やして、スク水で風呂に乱入し「お、お兄ちゃんの背中って、意外と大きいですね…」と。

仕事のほうでは、アニメ監督が「本当の永遠野誓だったら、もっと妹萌えがわかっているはずだ! その程度なら主人公を改変する!」と宣言。なんとか説得するために、2週間で「妹萌え」を理解できるよう、涼花とイチャイチャすることに。そんな面白い状況をほっておけない舞とWピース先生まで「妹になる」といいだす始末。祐は乗り越えることができるのか?

今回は桜がキーパーソンになっています。こんな可愛い女の子に「お兄ちゃん」と呼ばれるなんて、「自爆しろ」としか思わないのも事実ですが、祐なりに頑張っているのも事実なんでしょうね。第三者的立場で見れば、氷見兄妹はお互いをすごく大切に想っているのは明白です。お互い「嫌われたくないから」ギクシャクしてしまう。そんな関係。

アニメ監督の妹萌えは、妹にハァハァするとか、下着をクンカクンカするといった変態(妹を異性と捉える)的なもの。元々祐が考える妹萌えとは方向性が異なります。というか、18禁でなければ、祐のほうが普通な気がします。でも妹萌えを理解するために、ハァハァもマスターしそうな祐。いや、それはしなくていいから。

★★☆
posted by あにあむ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181663577

この記事へのトラックバック