2017年11月21日

ワキヤくんの主役理論


著者:涼暮皐
出版社:MF文庫
ワキヤくんの主役理論

主人公は、青春を最大限に楽しむためのメソッド「主役理論」を掲げる・我喜屋未那。ようやく勝ち取った一人暮らし。アパートの隣に住む少女・友利叶も一人暮らしで、クラスメイトでバイト先も趣味嗜好もすべてが同じ……違うのは、真逆の「脇役哲学」を掲げていること。そんな叶と壁越しに口げんかを続け、同時に部屋の壁を蹴破ってしまいます。当然大家さんに叱られると思ったら、なぜかまったく怒られず、気がついたらそのまま実質同棲することに…二人に甘い青春はなく「これは戦争だ」と同時に考えていた。
「そっちこそ、煩わしい人間関係に嫌気が差したら、いつでも頼ってくれていいよ」
俺の《主役理論》と叶の《脇役哲学》、どちらが正しいかこの同棲で白黒つけようか!

……端から見ていると、二人が目指しているのは「全く同じ」ことなんですよね。気が合うどころのレベルじゃない二人。趣味だけでなく、生活リズムや口にせずとも細かいニュアンスもわかり合えるという、もう新婚を通り越して、長年連れ添ってきた仲良し夫婦な状態。あまりにも一致しているが故の、すれ違い。でも二人は最初から気づいていたようですね。二人は男と女であり、しかも恋人以上に気が合うということに。というか、そうでなければ、実質同棲を選ぶはずがない。食事も一緒にしているし、家事も分担してという状況ですからねえ。

二人が主張するメソッドも、端から見ていると同じことを、鏡写しに見ているようなものです。誰もが自分の人生では主人公だし、誰かの人生では脇役。それをどちらから見るかなんですよね。

この作品最大の「謎」は、我喜屋くんの旧友。性別すら明らかにされていませんが、重要な局面で適切なアドバイスを電話でしてくれます。そもそも主役理論を一緒に構築したようですし、かなり重要な存在のようです。その割に電話での登場しかないですし。もう熟年夫婦な二人に、大きな影響を与えていく存在で、もしかしたら爆弾になるかもしれないですね。

★★★★
posted by あにあむ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181632086

この記事へのトラックバック