2017年10月25日

世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮(2)


著者:葉村哲
出版社:MF文庫
世界最強の人見知りと魔物が消えそうな黄昏迷宮(2) 冒険者のお仕事も色々です

迷宮の魔物を狩り、その素材を得ることで発展してきたローゼンガルド帝国。しかしながら行き過ぎた迷宮開発が迷宮の枯渇を招き、魔物が激減し「黄昏迷宮」となってしまいました。冒険者たちの生活は困窮する一方で、いろんな問題が発生します。そこで国では「人工迷宮」計画を立ち上げ。魔物を捕獲し養殖(?)その魔物たちを人工的な迷宮に配置することで、冒険者たちを助け、国の衰退を防ごうという計画です。魔物を捕獲する冒険者として、新米騎士・ティルムはPT『セージ☆ハーレム』を構築。能力はあるものの「なにかが決定的に不足」しているメンバーによる混成パーティ。ティルムの「お母さん力」によって、なんとか回っています。

そんなパーティが今回捕獲する魔物は、象の大きさの羊「花咲く羊」、軍隊のように統率された動きで冒険者を襲う「野菜騎士」、迷宮のスケベ馬こと「一角馬」、すべてが鋼鉄のように硬く優秀な武器素材となる「鋼鉄熊」と、こちらも一癖も二癖もある魔物ばかり。花咲く羊は、臆病で驚かすとスタンピート状態。象サイズの羊が暴走すると、巻き込まれたら何も残らないくらいバラバラにされてしまいます。確かに普通の羊も、群れで走ってきたら迫力ありますからねえ。でも今回一番やっかいだったのは「一角馬」 乙女しかその背に乗せないというユニコーンが、ファンタジー世界の鉄板ですが、こいつらは純粋に女好き。その角でスカートめくりするは、セクハラかますわ…まあユニコーンが、こういう扱いされることは、多いんですけどね。 さらに、すばやい動きで女の子のスカートを切るセクハラ兎も登場します。基本被害を受けるのは、ティルムばかりで、1巻にひきつづき、ぱんつをセージに見られることに。って、すでにティルムは慣れてしまっているような気も…

そんなドタバタパーティですが、唐変木・セージの身の回りにラブコメ神が近寄ってきたようです。これはいろいろ楽しいことになりそうです。

LvUpして「お母さんLv1」になったティルムに、明るい未来はあるのでしょうか?

★★★☆
posted by あにあむ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181383400

この記事へのトラックバック