2017年10月20日

編集さんとJK作家の正しいつきあい方(2)


著者:あさのハジメ
出版社:ファンタジア文庫
編集さんとJK作家の正しいつきあい方(2)

高校生で、すでに社畜としてラノベ編集者の冴原吹雪。といいながら、彼は下宿先「なつめ荘」で幼なじみなど美少女現役作家と作家志望妹と同居状態。さらに「もう限界です、ご主人様。さあ、脱ぎ脱ぎしましょうね?」と、自作ヒロインになりきるトンデモ執筆スタイルの美沙。さらにその秘密が、幼なじみでもあるミシェルにもばれ、彼女もヒロインを演じると言いだし、美少女二人から猛アプローチを受けるという、おいしい状態に。さらに従妹の執筆定位置は、吹雪の膝の上…これは社畜というより「リア充爆発しろ」な状況。それでも「一応」吹雪は編集脳ということで、二人のアプローチにも屈していないようで、そこは思春期男子。しっかり反応はしているようです。

今回は、ミシェルの新作が一番のテーマ。「売れる作品」と「書きたい作品」という葛藤が描かれています。でも、このテーマって、もう飽き飽きするくらい、いろんな作品で取り上げられていますよね。なんか特徴があればいいのですが、残念ながらテンプレなままなので、あまり盛り上がりが…今回従妹の存在価値がまったくない状況になっています。
前巻でも感じたのですが、もう少しヒロインが可愛ければ面白い作品になりそうなんですけどねえ。ミシェルのエセ関西弁がすべてを台無しにしているような気がします。

せっかく、同居ラブコメになっているのだから、もう少しヒロインをデレさせて下さい。そのほうが楽しめます。

★★
posted by あにあむ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181333137

この記事へのトラックバック