2017年09月25日

最強パーティは残念ラブコメで全滅する!?


著者:鏡遊
出版社:ファンタジア文庫
最強パーティは残念ラブコメで全滅する!? 恋愛至上の冒険生活

最強の冒険者パーティ「紅い戦団」を率いる少年・ナギが主人公。彼は、全てのスキルを極めた「グランドマスター」と呼ばれる存在で、世界最高の勇者であるはず…しかし「このクエストをクリアしたら…今度こそフィオに告白するんだ!」と、仲間の魔法使い少女・フィオに夢中な癖にヘタレなところ。フィオも「今日はいっぱいナギ君と話しちゃった!」とナギに夢中だったりするのですが、思春期全開の二人は想いを言い出せない状況。ボス戦の最中でも回復薬を手渡そうとして、手が触れただけで、ラブコメ時空に突入してしまう有様。でも最強パーティであることは代わりはなく…

紅い戦団は、ナギ、フィオ以外にロリ・ルティ、お嬢様・レイア、美少年(?)剣士・ミフユがおり、それぞれが癖のあるものばかり。ルティは、存在自体が怪しいし、レイアは盗賊のくせに「盗むのはダメ。ただし宝物はセーフ」という考えの持ち主。ミフユは、一見美少年だけど、実は…だし。こんなパーティ構成のおかげで、ナギはロリも美少女も美少年もいける多方面フェチと思われており…。本人はフィオ一筋のつもりなんですけどねえ。ちなみにまわりはナギの気持ちを知っており、生暖かく見守っているようです。

前半は、いろいろなクエストをこなし、ついでにラブコメ主人公らしくらっきーすけべを体験しつつ、フィオに告白する機会をうかがっている…というか、何度もあるのに、そのたびヘタれているナギの葛藤が続きます。誰かが背中押したら一気に事態は進みそうなものですが、そうならないのはお約束。パーティ実力が抜きんでているため、ラブコメ時空が展開されても、まったく意に介さないというか、モンスターたちもラブコメ時空のスパイスといった感じです。

後半は「グランドクエスト」と呼ばれる幻のクエストに挑むことになるパーティですが、本来とんでもないレベルのクエストのはずが、どこかほのぼのとしたものになっています。おかしいなあ。

正直かなりベタなストーリーです。先が読めてしまう作品でもあります。でも、それ故安心して読めるのも事実。ラブコメでムズムズしたい方におすすめです。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181097594

この記事へのトラックバック