2017年09月20日

パンツあたためますか?


著者:石山雄規
出版社:スニーカー文庫
パンツあたためますか?

ある日主人公が家に帰ると、見知らぬ美少女がパンツを握りしめていた…主人公のパンツを…「わたしは、別に怪しい者ではないんです!」

主人公は大学生ですが、学校にも行かずニートな生活をしています。そんな彼の前に現れたのは、趣味ど真ん中の美少女。しかも好意MAX。普通なら「春が来た!」な状況ですが、この美少女・真央は主人公のパンツを握りしめており、しかも不法侵入なストーカー。いくら「好きです」と言われても簡単には受け入れられないわけです。さらに真央の行動はエスカレートしていき、自分の家に呼び込み睡眠剤入りコーヒーを飲ませる、などヤンデレ一直線。もう包丁持って笑っていてもおかしくないような精神状態。

この作品、優秀賞だそうです。タイトルみて、てっきりラブコメ(もしくはエロコメ)と思っていたのですが、無駄に暗い小説でした。タイトル詐欺ですね。救いがないのは、登場人物すべてが、どこからしら病んでいること。主人公もおかしいですし、サブヒロインたちもすべて、どこか病的。さらに恋愛を「手をつなぐ−キスする−セックスする」だけとしか捉えていない主人公がもううっとうしくて。別に恋愛に夢を見ろとはいわないまでも、もう少しなんとかならんのか? ラストまで含めて、どこにも救いがありません。なぜこの作品が優秀賞なんだろうな。ラノベとして、エンターテイメント小説として、読者を楽しませるという要素はなかったように思います。タイトルは出オチだし。

誰かまともな人物がいれば、もう少し救いのある物語になったのでしょうか? どうもこの作者さんは、こういう作風に憧れているようなので、次回からは作者をNGとしましょうか。私がラノベに求めているものとは、相容れない小説でした。

タグ:
posted by あにあむ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181053186

この記事へのトラックバック