2017年09月11日

異世界混浴物語(5) 激動の海底温泉


著者:日々花長春
出版社:オーバーラップ文庫
異世界混浴物語(5) 激動の海底温泉

「ハルノハ アズカッテイル タスケタクバ ミズノミヤコマデ クルガイイ」
文章だけ読むと、誘拐犯からの手紙としか思えないのですが、これは東雲春乃の異変を告げる水の女神の言葉。いずれにしてもほっておけないと、海底都市「水の都」に向けて大海にこぎ出す一行。潜水艦と水の女神の加護、さらに無限バスルームのギフトを用いて、海底都市に向かうことになるのですが、ファンタジーなんだかSFなんだか…

前回、冬夜同様異世界に召喚され、魔人になっていた妹もメンバーに加わっており、さらに女性比率が高まっています。幼い頃に死に別れた兄妹ということもあり、妹の兄に対するメンタルは、幼い時のままのようで、無邪気すぎて兄少々困るという状況になっています。(といいながら、どうも異性として狙っているような気もする)

水の都で再会した春乃は、冬夜を見つけて抱きつくなど、逢えない間に想いを強くしたようですね。やはりメインヒロインの座は渡すつもりはないのでしょうか?、もともと日本人ということで、黒髪黒目だった春乃は、目が緑になっていました。それは風の女神の力を引き継いだから… 冬夜に祝福を与えることで、ギフトを強化できるということで、さっそく祝福を与えるのですが、キスなどの儀式がなかったことを残念がる春乃さん。もう自分の気持ちを隠すつもりはないんですね。 風の女神の祝福を得たことで、無限バスルームはさらに大きくなるのですが、それと同時に冬夜の夢に出てくる女神たちが話すようになります。今まではジェスチャーやフリップしかなかった意思疎通方法が、突然便利になっています。確かに風(空気)がないと音は伝わりませんね…

さらに大きくなる無限バスルーム。今回は想定されるレベルの増築でした。そろそろネタ切れなのかなあ。次巻では、以前のように驚くような進化をみせて欲しいです。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オーバーラップ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180952313

この記事へのトラックバック