2017年09月06日

フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記


著者:気がつけば毛玉
出版社:スニーカー文庫
フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記

主人公は、異世界暮らし3年目の佐山貴大。何でも屋「フリーライフ」のぐーたら店主。毎日のんびり楽しく過ごせればいい(=働きたくない)という怠け者で、ごく平凡に見えますが、実は神すら倒せる世界最強レベルの実力者。怠け者だけど、困っている人をほっておけないお人好しでもあり、うっかり大活躍をしてしまい、どんどん目立ってしまって… 異世界スローライフの金字塔…ということなんですが、あまりスローライフじゃなかったなあ。いやそれが悪いという訳ではないです。もともとWeb小説で、それをラノベ仕様に大幅加筆修正されたそうですが、まあそんなことはWeb小説を読まない私には関係がない。ラノベとして楽しく読めるか、がすべてです。なのでWeb小説のお約束は、まったく気になりません。

貴大は異世界から召喚されてきたようですが、その部分はばっさり切り落とされています。新しい世界にきて、あれやこれや悩んでいたはずの部分は、無視され、異世界での生活が安定してきた3年後から物語がスタートしています。作者曰く「真ん中のおいしいことろだけ」ということですが、いいですね。読者がいろいろ想像できますし、楽しい趣向です。それも、キャラクターがしっかり描かれているからでしょうね。違和感がありませんでした。

ヒロインたちが魅力的なのもいいです。おしおきメイドさんのユミエル、まんぷく亭の看板娘・カオル、名門王立学園に通う大貴族の娘・フランソワなど個性的な女の子ばかりです。貴大の本当の能力を知っているのは、ユミエルだけのようですが、他の女の子も、貴大の優しさを通して「強さ」も理解しているようです。このあたりの描き方もうまいですね。さらにヒロインが、妖精・黒髪の少女・ロリ獣・お嬢様などバラエティに飛んでいるのも楽しいです。まったりと読める小説ですね。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スニーカー文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180906412

この記事へのトラックバック