2017年08月11日

元勇者、印税生活はじめました。


著者:霜野おつかい
出版社:GA文庫
元勇者、印税生活はじめました。〜担当編集はかつての宿敵〜

異世界の危機を救った、元勇者・刃桐創一、救った世界でちやほやされる間もなく、現代日本に戻された彼は、異世界での冒険をそのままライトノベルに仕立て上げた!実体験を伴うリアルさが絶賛され、即デビュー&人気作家の仲間入りを果たします。しかし、調子乗って、すべての経験を3巻で出し尽くしてしまったため、まったく書けなくなります。さらに、デビューからずっと助けてくれていた担当編集さんは、産育休入り。代わりについた担当は、新人さんで、さらに…

「お前、倒したはずの破壊神だろ!?」

そう、新担当は異世界でのラスボスだった破壊神・梨々だった。彼女は、創一に負けた後、現代日本に転生させられ、その大半の力が使えない状態。そこはラノベのお約束で、梨々は、創一と同年代の超絶美少女。もともと破壊神として君臨していた彼女が、おどおどする姿は、それはもう…独特の口調になっていますが、それがなければ、さらにもう…なわけで… 創一はうまく続きが書けるのか?

タイトルからは、ラノベ業界内輪話かなと思ったのですが、ほとんど業界話は出てきません。創一が異世界で勇者やっているときにかかわった人物が、現代日本に集まっており、彼女たちとキャッキャウフフしながら、作家としての階段を上がっていく(のか?)創一の姿が描かれています。

創一は、ラノベ主人公のようにモテないと愚痴っており、異性から好意を向けられたら、気がつかないはずはないと言い切っておりますが、実際は典型的なラノベ主人公属性です。まわりの美少女たちにどんどんフラグをたて、さらにフラグの上にフラグを建築するというジゴロ。しかし、そのフラグにまったく気がつかないという…梨々なんて、どこから見ても、創一にデレデレなんですけどねえ。真白も同様。なんなら妹までデレているのに…ま、異世界で勇者やるくらいだから、鈍くないとダメなんでしょうね。

やばい内輪ネタもないですし、展開もわかりやすいものです。でもそれが、作品に安心感を与えています。ありきたりのようでいて、この作品にしかない「色」があり、熱血・ラブコメ・エロコメがバランスしているので、非常に面白い! 次巻もあるようですし、このままいくと、現代日本に創一ハーレムが構築されそうですね。

★★★★
posted by あにあむ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180623035

この記事へのトラックバック