2017年07月31日

りゅうおうのおしごと!(6)


著者:白鳥士郎
出版社:GA文庫
りゅうおうのおしごと!(6)

前巻で竜王防衛を果たし、史上最年少の九段となった八一。順風満帆かと思いきや、

「重度のロリコンですね。治療法は死ぬしかありません」と宣言され、しゃるちゃんに、手術されそうになる…という変な夢や不眠症に悩まされています。まあ前者のほうは、八一にとってはごほうび(JSとのお医者さんごっこ)なところもあるので、ほっておいても問題ないでしょうが…初詣では「吉」の縦棒が消えたおみくじを引き(横からみたらロリ)初JS研でJS全員に告白され…あいは、ロリを殺す服を着て既成事実を作ろうと迫ってくる(嗾けたのは実母。ヲイ) とりあえず八一爆発しろ。

そんな通常運行の中、本当に大変になことになっているのは銀子。奨励会三段を目指して、天才少年と闘いますが、完全に負けていた勝負で、偶然大逆転をして勝ってしまいます。ある意味一番過酷と言われている三段リーグへの参戦が決定する大切な勝ちだったのですが、銀子にとってこれが大きなプレッシャーになります。三段リーグ参加者と自分の間には大きな差がある。そこに「まぐれ」で入ってしまったことにより始まる地獄…
八一と離れたくないがため、努力してきた銀子ですが、ここにきて八一やあいたちとの実力差を突きつけられ、将棋だけでなく八一もとられそうと焦っています。彼女がもう少し器用に生きていければ、すべてを手に入れることができたのでしょうが、その不器用さが故、将棋・八一のどちらも失いそうな焦燥感。桂香さんは勝つことによって、未来が開けましたが、銀子は勝つことによって絶望へと突き落とされたという感じです。

なんとか八一においつきたいという一心で、本来なら笑い飛ばす(あるいは殴り飛ばす)はずの「処女を捨てれば、将棋が強くなる」という戯言を信じ(ようとし)、八一をラブホに連れ込む銀子。そこで一押しあれば、少なくとも八一を手に入れるための「既成事実」は作れたのでしょうが、不器用さがでてしまい、うまくいかず…なんでしょう、見ているのが辛くなるほどの不器用さ。どこまで銀子は苦しめばいいのでしょうか?

将棋も熱いのですが、八一を巡るヒロインたちの闘いも熱くなってきました。ただいまのところ、銀子にまったく勝ち筋がないのが辛いですね。八一にとって「異性」という意味では、銀子が一番上位にいるような気もしますが、ロリに目覚めた八一にはどうか?

アニメ化も決まり、ますます面白くなっていきそうですね。
★★★★☆
posted by あにあむ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180500888

この記事へのトラックバック