2017年07月10日

女神の勇者を倒すゲスな方法


著者:笹木さくま
出版社:ファミ通文庫
女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」

いきなり剣と魔法の世界に召喚された外山真一に召喚主である「蒼の魔王」は、「勇者共をどうにかしてくれ!」と土下座した。偶然手に入れた人間界のパンの味が忘れられない娘(美少女)のために、人間界に来ただけで、人類に危害を加える気は一切なかったのに、人類は魔王を倒そうと勇者を派遣します。魔王のほうがはるかに力があり、勇者など一瞬で撃退できるのですが、この勇者、殺しても蘇るというやっかいな輩。しかもデスペナルティもないようで、毎日のように襲ってきます。この魔王(やその側近たち)は、「力こそ正義」という魔族の価値観は持っているものの、勇者が復活できるよう(例えば灰にしてしまうと、蘇生できないらしい)な殺し方をしているし(娘が「かわいそう」と懇願するから)、ある意味人間以上に人間らしいのですが、さすがに毎日攻めてこられると面倒なようで…勇者側の魂胆は「毎回魔術を使えば、一日では回復しきらないだろう。そうすれば、少しずつ弱っていって、いつか(数十日)で魔力が切れるはず…だから毎日攻撃する…ってどれだけゲスな方法やねん! この世界では人類のほうが、魔族よりもゲスなようです。

魔王から頼まれた真一は、チートな能力があるわけではなく、人より少し度胸がある程度(過去の経験でそうなった)。そんな彼がとったのは、力ではなく知恵で撃退するという、ゲスな方法。ということなんですが、実際はさほどゲスではないような…まず勇者たちは、殺してしまうと蘇ってしまうので、殺さず捕獲。その上で口撃により、相手の精神を弱らせていき、心を折ってしまおうという作戦。勇者のうちの一人に下剤成分が含まれたものを食べさせ、その状態で拘束。我慢できなくなり大惨事となったところで「お前の恥ずかしい映像をバラ撒くぞ」と脅す…「茶色い英雄」作戦(そんな名前は出てきません)…ゲスか。仲間の勇者(フィアンセ)から「人間は生まれた時と、老いた時には、誰もがシモの世話をしてもらうことになる。だからたいしたことじゃない」と優しい言葉をかけてもらい、立ち直りかけますが「リア充滅びろ」の思いと共に、結局彼らの心は折れ…

変わりに派遣されることになったのは、美少女勇者。しかもボクッ娘。真一にとってどストライクな美少女だったようで、こちらには別の対応をします。んで、ほぼ落としてしまうのですが、魔王のメイド(美少女)に嫉妬され、最後の一線は越えられませんでしたとさ。このメイドさんが可愛い。ほぼツンツンなんですが、たまにデレるときがあり、それがなんとも。

物語を通して、人類側のほうがゲスな人間が多いです。人間の暗いところがすべて出ているといったほうがいい人物ばかり、登場してきています。ヒロインズが可愛いこともあり、楽しい作品になっています。

★★★★
posted by あにあむ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180303497

この記事へのトラックバック