2017年07月03日

ワールドエンド・ハイランド


著者:つくも三太
出版社:MF文庫
ワールドエンド・ハイランド 世界樹の街の支配人になって没落領地を復興させます。

異世界に召喚された高校生・榊喜一が主人公。彼は、召喚主の美少女・アイシャの願いにより、没落寸前の領地を救う手助けをすることに。
喜一は、現代社会で「自称妹」という一種ストーカーにつきまとわれており、その存在から逃れるためなら、異世界でも問題なしという状況でした。ってここですでに躓いてしまうなあ。ネットでの評価は非常に高いのですが、この自称妹・ヒナタの存在がまったく理解できない。「心の病」にかかった少女という扱いですが、それだけで「まわりも逃げていく」というのが理解できません。世代の差かねえ。

と最初で躓いたもので、後も展開もよくわからない。召還された異世界は人工的なダンジョン・戯迷宮へ望む冒険だけが娯楽になった世界。死んでも簡単に蘇生することができ(蘇生するたびにバカになっていくが、時間が経てばもとどおり)「死」さえ意味を持たなくなった世界。そんな世界でアイシャの領地は、最果ての地・ヒト・モノ・カネのすべてがないどうしようもない状況。そのため冒険者がほとんど来ない。さらにアイシャが創る戯迷宮は難易度が最悪で「またやらかしたね!こんな殺人“戯迷宮”だから冒険者が来ないんだよ!」というもの。喜一はそんな領地を、意識高い系・スマリ、厨二病・ユーフォリア、現世から追っかけてきた妹・ヒナタと共に、復興しようと頑張ります。

本来ラブコメなんでしょうね。でも全くコメディが見えてこない。ヒロインズが酷すぎて、全然共感できない。アイシャの「笑顔になる」という方向性のズレも酷すぎ、なにをしても笑いの要素が見えてこない。

「人と違う」ことを笑いにするという、昭和に流行った悪しき風習が復活してきているのかなあ。「人を笑わせる」ことと「人を嘲う」「人に笑われる」というのは、すべて違うはずなんだけど、ごっちゃになっているような。残念です。

タグ:
posted by あにあむ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180228484

この記事へのトラックバック