2017年06月19日

下僕ハーレムにチェックメイトです!


著者:赤福大和
出版社:講談社ラノベ文庫
下僕ハーレムにチェックメイトです!

主人公リクはゲーマー。イベントで一番最初にアイテムを手に入れ、ハーレムを造れると思った時、突然異世界アースガルムに召喚されてしまいます。幼女女神・ナンナから世界を救うよう頼まれた彼は、アースガルムにエルフ・獣耳娘・サキュバスなどがいるか確認し、その上で依頼を成し遂げたら、異世界の女の子すべてがリクの下僕になる大魔術を発動してもらうことを条件に引き受けます。伝説の七人目の英雄となり、魔王軍を追い詰め、あと少しで倒せるというところで、魔王に逃げられてしまいます。魔力がなくなった魔王を探すには世界が広すぎ、ショック(主にハーレムを造れなかった)によりリクは引きこもってしまいます。グデグデと過ごす彼の前に、英雄の一人、エルフのフローラが現れます。彼女はナンナに頼み、自分をリク専用の下僕にしてもらったということで…彼女の太ももには、下僕の印が刻まれており、リクが身体に触れると、全身が疼くようです。
気をよくしたリクは、彼女ともに魔王を探すことに。彼は今度こそ魔王を倒し、下僕ハーレムを構築できるのか?

異世界召還ものですね。魔王を倒した英雄が、二周目の人生を歩むというものではなく、魔王を倒しそこなった英雄のお話になっています。まあ一周目の続きですね。リクのエネルギーは「女の子を下僕にする」というゲスなもの。ほぼすべての行動がそれへ結びついています。でも実際は現実世界でも、そういう経験をしたことのないヘタレだったりするので、うまく行かないようです。一応女神ナンナから「一定以上エッチなことをしたら、許さない」というくさびを打たれていますが、ナンナの監視も100%ではないようなので、どうとでもなりそうなものですし、基本出てくる女の子は、リクに好意を持っているので、すでにハーレムのような状態なのですが、それに気づくこともできていない状況。というか、ナンナもリクを気に入っているようですしね。

ヒロインたちは、エルフ・フローラ(清純)、聖女・ミラル(ツンデレ)、獣耳・ロア(ロリばばぁというか、合法ロリ)、女神・ナンナ(ロリ)といろんなタイプが揃っています。下僕魔法のかかったフローラだけでなく、ロアもウェルカム状態ですし、ミラルともあと一歩まで行きます。まあヘタレで少々面倒くさい性格が災いするのですが…

果たして彼が本懐を果たすことはあるのでしょうか?

★★★
posted by あにあむ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180089487

この記事へのトラックバック