2017年06月12日

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(3)


著者:恵比須清司
出版社:ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(3)

「もし私達が負けたら永遠野誓はラノベ作家を引退します!」同人誌即売会の会場で、有名同人作家の神坂姉妹から自分の書いた小説を「キモい」と否定された涼花はブチ切れて、同人誌対決をすることに。『お兄ちゃんと文化祭でイチャイチャデート』が涼花が出してきたシナリオ。涼花の母校の文化祭で、恋人デートをして、その体験をもとに同人誌を書こうというもの… 生徒会長している有名人じゃなかったっけ? 大丈夫なのか?

ということで、今回の「イチャイチャ」の大義名分は「同人誌作成」…いいのか? 原作者と公式絵師が二次創作って、版元が許すのか? まあいろいろと無理のある小説なので、いまさらそんなところで悩んでいたらダメなんでしょうが、それにしてもねえ。

涼花の母校でのイチャラブデート。普通の妹ならば、たぶん実兄が文化祭に来るというだけで、嫌がりそうですが、そこは「ツンを忘れた」涼花さん。もう見せつけたくて仕方がないようです。母校もお嬢様学校なので、殿方がいるというだけで、盛り上がるようです。祐が実兄だということを知っていながら、涼花のことをうらやましがるクラスメートたち。そんな騒動を見ていると、実は祐ってかなりイケメンなのでは? と思うようになってきました。そりゃ、涼花が美少女だし、兄妹なんだから、平均よりは上になるだろう。さらに舞や、前回出てきた人気声優(美女)もべったりということを考えると、イケメンでもおかしくないんですよね。なんだかどんどん祐ハーレムが大きくなっているような、気がします。この手の作品としては、珍しく兄妹以外は秘密を知らない状況が続いています。そういう意味では、このハーレムで一歩リードしているのは涼花なのかもしれませんね。

★★☆
posted by あにあむ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180020309

この記事へのトラックバック