2017年05月22日

異世界取材記


著者:田口仙年堂
出版社:ファンタジア文庫
異世界取材記 〜ライトノベルができるまで〜

主人公は中堅ラノベ作家。編集からのオーダーである「無双とハーレム」を体験するため、KADOKAWAが用意したルートで異世界取材へと赴く。ってなんのこっちゃ? 作品世界では、ラノベ作家は「実体験」をもとに作品を仕上げることが多いようで、異世界にも取材旅行に出かけるようです。さらに編集と闘うため、格闘技的にも強いようで… 若干(かなり)内輪受け要素の強い作品です。カクヨムに掲載されたものということで、従来作品とはテイストが異なります。

異世界取材は、ガイドも準備されており、獣人のアミューさんが案内してくれることになります。さらに異世界にきてすぐ、奴隷として売られそうになっていた、ラノベ作家志望のJKを助け、3人で取材を続けることになります。って、このJK最後のほうまで、名前が出てこないんですよね。どうやら童顔スレンダー(胸が)な少女のようですが、まわりからもJKとしか呼ばれておらず…

この異世界は、不思議なところで、なぜかスマホが普通に使えます。でも安全かというとそうではなく、モンスターに殺されたら現実世界でも死亡ですし、中には取材に行ったまま戻ってこない作家もいるようです。でも現実世界とのつながりが強いからか、孤高無双の勇者は中二病こじらせた少年だったり、ハーレム三昧の魔王の正体あ、後輩の売れっ子ラノベ作家だったりと、ファンタジーの世界なのか、現実世界での集団中二病なのか、よくわからない状況になっています。さらに実在の作家ネタも紛れ込んでいるようで、どこまでネタなのかよくわからないところも。一番弄りやすい編集は、もう完全にヤのつく自由業。編集部でなく事務所。社員じゃなく、構成員といった感じになっています。

この作品のいいところは、ヒロインが可愛いところ。アミューさんもかわいいですが、JKがいいですねえ。ラノベを熱く語れるJK。取材旅行の相方として、すごく重要な存在になっています。さらにラノベ作家が万能だけど、俺TUEEEな描かれ方していないのもいいですね。ラノベ作家だったら、誰でも「無双」「ハーレム王」だと読む方も疲れますが、そうじゃないところが面白いです。

異世界での食事は、想像するとダメですが「美しい」「おいしい」ってのは、確かに育った環境によって大きく変化する部分と、人間である以上変わらない部分の両方があるのでしょうね。

★★★☆
posted by あにあむ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179819763

この記事へのトラックバック