2017年04月28日

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! (1)


著者:九曜
出版社:ファミ通文庫
佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! (1)

主人公・弓月恭嗣は、高校2年生から一人暮らしを始める予定でした。通学に2時間かかるということで、学校近くに引越。その引越の当日、予定の部屋についたらなんと不動産屋の手違いで、二重契約になっていた…もう一人はひとつ年下の佐伯貴理華という女の子。完全に不動産屋の手違いなので、なんとかしてもらう(新しい物件が見つかるまでの、ホテル滞在費を持ってもらうなど)のが普通だが、二人(主に佐伯さん)が出した結論は「一緒に暮らす」というもの。佐伯さんは海外経験があるということで、いわゆる「ルームシェア」をしようということなんですが、初対面の異性とその場で決めてしまうのは、どうなんだろう? なにか裏があるようですが…
同居生活が始まると、やたらと距離を縮めてきたがる彼女と、それに抵抗する主人公。お約束で学校も同じで…「常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ」とのこと。

とりあえず、導入部で引いてしまいました。初対面の異性とあっさり同居をする神経がよくわかりません。さらに掃除洗濯炊事などの役割分担(大半が佐伯さん)を決めるなど、それは「同棲」といいますな状態。提案する佐伯さんも変ですが、それを受け入れる恭嗣も変。さらに恭嗣がずっと敬語で話しているのも違和感ありまくり。確かに、他人との距離感をつかみにくい時は敬語で話すほうが楽というのはわかるのですが、自分の妹や親友にまで敬語とか、なにか悪い冗談にしかみえません。

なんかそれぞれの絆がすごく絵空事に見えて、虚無感を感じてしまうのです。そのため全くコメディとして楽しめませんでした。まるで書き割りの世界で、佐伯さんだけが実像のような、ある意味悪夢をみているような感じさえ受けます。

読解力が落ちたのかなあ。主人公が冷静とは、とても思えない。冷帯というか、一部の感情を欠落させてしまった「狂気」を感じてしまいます。佐伯さんが女の子らしく、主人公に好意を寄せていくほど、主人公(やそのまわりの登場人物)の狂気を感じ取ってしまって… うん、もう2巻はいいや。
タグ:
posted by あにあむ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミ通文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179579222

この記事へのトラックバック