2017年04月21日

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(6)


著者:むらさきゆきや
出版社:講談社ラノベ文庫
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術(6)

腐敗した教会を正そうとするルマキーナに協力して、ディアヴロは王都へ乗り込みます。聖騎士との闘いが待ち受けることが想定されるが、宝物庫で揃えた装備があるので、楽観視していた。ところが、立ちふさがったのは、一般の信者たち。ルマキーナは戦いを望まず、教会堂に閉じ込められ、背徳の汚名を着せられてしまう。そんな理不尽な扱いすら受け入れる聖女であったがディアヴロは黙っていることができず…

さらにルマキーナの聖女感に磨きがかかっています。登場したときのアレはなんだったんでしょう。いままでディアヴロたちが圧倒的な力(演技力?)で倒してきたのは、武力を持って敵対してきた人(や魔物) しかし今回は、武力を持たない一般人が相手となります。直接的な攻撃はできない(しにくい)相手に対して、ディアヴロは口先で丸め込むことができるのか? が注目部分になります。

仲間からは、すでに「神様」のように崇拝(もしくは好意)されているので、少々のミスだと気がつかれない(アバタもエクボ状態)のですが、敵対する人からすれば、少しの違和感により、すべてが台無しになってしまいます。もともと交渉ごとが苦手なディアヴロ。魔王ロールプレイも、相手がコンピューターのキャラクタのように「想定される」行動をとる場合には、役にたっても「生身の人間」に通じるのか? おもしろいやりとりでしたね。
「敵も味方も判らぬ愚者どもめ、もはや生かしておく価値もない!」
とタンカを切ったディアヴロは、果たしてどのようにして場を収めることができたのか?その一点を楽しみましょう。

しかしディアヴロの貞操は、そろそろ破られそうですね。中の人は思春期まっただ中の高校生男子。いつまで我慢することができるのか? 時間の問題のような気がします。

前回聖杯に聖水を注いだ少女がおりましたが(ヲイ)、まさかそのネタを今回ひっぱるとは… 前回はボカされていましたが、今回ははっきりと…案外シリアスなシーンだったはずなんですが、ギャグになってしまいましたね。

★★★☆
posted by あにあむ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 講談社ラノベ文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179508691

この記事へのトラックバック