2017年03月30日

最強の種族が人間だった件(3)


著者:柑橘・ゆすら
出版社:ダッシュエックス文庫
最強の種族が人間だった件(3) ロリ吸血鬼とのイチャラブ同居生活

謎めいた魔族・グレイスを余裕で退けたヨージこと雨森葉司は、新たに仲間となった吸血鬼のカノンやエルフのリアたちとイチャラブな日々を堪能していた。最大の敵は帝国軍ということで、リアの提案により「人間軍」の総帥となり、勢力拡大を図ることに…

美少女たちとイチャラブ生活を続ける葉司。この世界「アーテルフィア」では、人間が最強の種族であり、その老廃物や体液は最高の増強剤。さらに体液には媚薬としての力もあるようで、彼女たちは毎朝・毎晩彼にキスをせがむことに…かなり媚薬としての力も強いようで、数分から5分ほどで気絶してしまう(性的に)ようです。体液でも精液は特に媚薬としての力が強いようで、前巻ではリアが昇天してしまっています。ってことで、キスだけだと思うんだけど、今回の描写では「一人の女の子が満足したら、他の女の子。そちらの相手をしていたら、復活した女の子が再び…身体が持たない」ってことなので、もう一線越えまくっているのかなあ。

てなことはさておき、今回は帝国軍との戦いがテーマとなっています。帝国軍に対抗するため、まずは味方を増やそうということで、近隣の種族を配下に従え、アジトの防御力を順調に高めていきます。そんな時、王都から騎士団が「人間討伐」のために、騎士団が派遣されることに。最大のピンチを葉司たちはどう退けるのか?

例によってアジト地下の秘密が一つ解除されています。今回はワープ装置。っていうか、完全に自動券売機と自動改札。てっきり券売機で「行きたいところ」を選んで切符を買うというパターンで、守護ゴーレム(アオザイ美少女、ただしドジッ娘)のドジによって、変なところに飛ばされると思いきや、改札くぐる時に想像していたところへ飛ばされるという…葉司が考えていたのは…

少々パターン化してきて、中だるみですねえ。「生徒会」のように、まったく事件が起こらない日常系ではなく、一応ストーリーが進んでいるので、少々飽きてしまうのかな? もう少し主人公がピンチになるか、いっそ無双してくれたらいいんだけど、いつも中途半端なピンチで終わっているし。あとリアがもっと自分の感情を出してくると思ったんだけどなあ。前巻では、抜け駆けでラブホ連れ込んでいるくらいだし…

サブタイトルになっている、ロリ吸血鬼の出番はあまりありません。このシリーズは、サブタイトルに名前が載ると、活躍できない縛りがあるのかな?

★★☆
posted by あにあむ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ダッシュエックス文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179252103

この記事へのトラックバック