2017年03月28日

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(2)


著者:恵比須清司
出版社:ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(2)

何度もラノベ新人賞に応募しているものの、一次選考で落ちてばかりの氷見祐。ツンデレ妹が書いた「お兄ちゃん大好き!」なラノベが大ヒット。ただラノベ作家になることは、両親から許されるわけがないという理由で、祐が作者ということに。ラノベ作家を目指す兄が妹に負けた瞬間です…

前巻では、妹・涼花が「兄に厳しい妹」を演じているだけで、実は「お兄ちゃん大好き!」で、小説はそんな涼花がお兄ちゃんにして欲しいことを妄想して書いたものだったことが明かされています。今回は、祐の同級生でもあるラノベ作家の氷室舞から「本当に祐が永遠野誓なのか?」疑われてしまうことから物語が始まります。原因は祐が自分が書いた作品を推敲するため、学校に持っていったのを、舞が見つけた(鞄から勝手に取り出した)こと。当然涼花は「お兄ちゃんはどこまで迂闊なんですか…っ!」と怒るのですが、彼女の中でいろいろシミュレーションされたらしく「逆にチャンスなのでは…?」とうれしそうになり、「お兄ちゃんは、私とイチャイチャしてください!」と結論を出してくる。果たして?

今回は、舞にばれそうになったことを逆手にとって、涼花が祐とイチャイチャしようとするストーリーです。ショッピングモールでのお買い物では、お約束として下着選び。さらに海でもイチャイチャ。まあ王道な進め方になっています。ただ涼花の「お兄ちゃん大好き!」がどんどん病的になってきており、正直引いてしまうレベルです。ていうか、もうツンをどっかに忘れていますよ。この娘。もうデレしかないじゃないですか。これでなぜ祐は気がつかない? まあ祐にとって涼花は「妹」そんな気持ちを持ったらダメな相手というのが、染みついているからということなんでしょうが、それにしてもねえ。まあ前巻でもパンチラの考証ということで、祐にパンチラを見せていた涼花ですし、そのあたりは、平常運転の変態なのかもしれませんが…どうやら祐はテクニシャンなようで、舞にサンオイル塗ったら、舞は事後のような状態(Wピース先生談)に…涼花も似たような状態で…

それはさておき、今回永遠野誓の作品がアニメ化されるという話がでており、その妹(ヒロイン)候補の声優が登場したのですが、登場シーン以降まったく無視。なんだったんでしょうね? 次巻以降の伏線(涼花・舞の闘いに参戦)なのか、忘れ去られたのか…

★★
posted by あにあむ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジア文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179232169

この記事へのトラックバック