2017年03月02日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか?


著者:花間燈
出版社:MF文庫
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

主人公は、困った人を放っておけないいい人・桐生慧輝。書道部が廃部になりそうで、困っていた紗雪先輩(巨乳黒髪美人)を助けるために、書道の心得がないのに書道部に入部したり、図書委員に選ばれて困っているクラスメイト(距離が近い美人)の代わりに図書委員になったり、見た目(クォーター)のため、まわりに馴染めていない後輩・唯花(子犬のように素直な美少女)を助けたりと、本当にいい人。そんな慧輝がある日差出人不明のラブレターを受け取ります。そこにはなぜか女の子のぱんつが添えられており…ぱんつはさておき、人生初のラブレターを受け取り、なんとか差出人を探し出そうとする慧輝。候補は、書道部の関係者である先輩・同級生・後輩さらに兄想いの妹…妹はともかく、他の3人の誰であっても(本当は妹も)みな美少女。彼女になってくれるならラッキーという子たちばかり。こうして、ガラスの靴ではなく、ぱんつを落としていったシンデレラを探すことになった慧輝ですが…

この小説の感想を書こうとすると、ネタバレせざるおえません。まあタイトルがネタバレしていますし、口絵がめいっぱいネタバレ状態なんですけどね。はっきりいいますと「変態」は、ギャグ方向ではなく、エロ方向なものです。なので、大笑いできる種類の小説ではありません。というか、かなり引いてしまうレベルです。キーワードは「ドS」「ドM」「?」です。とりあえずまともなヒロインがいない! もうすべてがおかしい。妹もなんだか怪しいしなあ。各ヒロインはエロベクトルで、本当に振り切れています。もしSMの属性があれば、どちらかに絶対落ちるよなというくらい…でもどちらでもない大半の人には、関係のないことです。

一応「変態」は、ヒロインだけではありません。主人公も「巨乳好き」が行き過ぎた変態ですし(妹に性癖を知られているところでどうかと)シスコン、主人公の親友もロリ。まあ男子側は、それを隠さずさらけ出しているので、まだ明るいんですが…親友のロリも幼女好きなガチなのではなく「巨乳より貧乳童顔」といった程度の好みの問題のようですし…ヒロインズの心の闇はかなり深いです。

この作品、恐ろしいことに続きがあるようです。まあなにも解決していないので当然といえば当然なのですが、どうしたものか…

★★☆
posted by あにあむ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | MF文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178954491

この記事へのトラックバック