2017年02月27日

中古でも恋がしたい!(8)


著者:田尾典丈
出版社:GA文庫
中古でも恋がしたい!(8)

前巻で、亜恋との闘いはひとまず終了。陰湿さが増していたので、読みづらくなっていたのが、少し安心できるようになりました。

突然清一の両親が海外へ! 清一と二人きりで過ごすことが嫌(実際は、嫌というよりも、不安なんでしょうね。自分の気持ちが…)ということで、妹がとった手段は、古都子を呼ぶこと。両親が不在の間、古都子との共同生活が始まります。もともと女子力の高い、古都子。新妻としても申し分なく…なんとなく幸せな日常が続くかと思った頃、古都子の実姉・徳子が怒り心頭で「古都子ちゃん。家に戻りましょう」と乗り込んでくる。その理由は、二人にとって最悪のもので…さらにそのことによって情緒不安定になってしまった古都子は、注意力散漫が原因で、騒ぎを起こしてしまい、それを清一や優佳、さらにはクラスメイトがかばったもので(その最中、優佳が「清一くん」と呼んだため、清一はさらに男子生徒も敵にまわしてしまいますが)、風神・村上の逆鱗に触れ、定期考査でクラス平均が80点を超えないと、冬休みは補習。さらに原因をつくった清一と古都子は90点をとらないとと無理難題を押しつけてきます。この村上って教師、本当自分のことしか考えていない最低教師ですね。
ところが、逆にクラスは燃え上がり、国語の得意な優佳たちが先生になって、勉強会を開くことに。なんかいいクラスだなあ。

いろいろある中、清一と古都子はクリスマスイブに「戦百」を手に入れるためデートの約束をします。イブにデートして、エロゲかよという突っ込みはさておき、リア充なのかよくわからない約束は、今度は桐子の陰謀によって阻止されようとします。それは「クリスマスイブに家族パーティを開く」というもの。当然、桐子は清一と古都子がエロゲ買いに行くのを想定してパーティをぶつけてくるのですが、それに対して清一たちがとった対応は?

前回までは、亜恋たちとの同世代陰湿戦争でしたが、今回は大人(というか姉)との闘いになっています。前回までと異なるのは、姉たちが憎しみから反対しているのではなく、清一たちのことを思っての行動で、ただ二人ともある意味純情過ぎることが要因となっています。なので、まあどちらの気持ちもわかるかなと…いや、清一たちがエロゲに生命を賭けているのは理解できないんですが…彼らは「エロがあるから、プレイしたい」ではないといいたいのでしょうが、ストーリーがよければ、エロは別になくてもいいんじゃない? てのが私の感覚。まあ別にどちらでもいいんですが…

まだまだ続きそうな作品ですが「中古」ってのが、どんどん忘れられていっていますね。
★★★
posted by あにあむ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178924664

この記事へのトラックバック