2017年02月20日

《ハローワーク・ギルド》へようこそ!


著者:小林三六九
出版社:電撃文庫
《ハローワーク・ギルド》へようこそ!

主人公は、とある事情で<ハローワーク・ギルド>の事務員となったキール。この世界では、魔族との戦争が終結してしばし経っており、基本平和。目下の課題は「お仕事」。この世界の職業は、15歳までに「職才」が決定し(神からのお告げ)基本的にその職才に従って仕事を選ぶようです。RPGでいうところのスキルのようなものですかね。「基本的」ということで、職才と異なる職業に就く人もいれば、職才を15歳までに告げられない人もいる。後者だと、就職が難しいとのこと。厳しい世界ですねえ。そんな人たちの転職相談の場が<ハローワーク・ギルド> キールの最初のお客様は騎士をやめたい女騎士でした。騎士の職才持ちで、騎士としては能力が高いのですが、それ以外はまったく才能なし。キールが紹介するメイドさんやウェイトレスは、持って一日。下手すると半日以内に首になってしまう。本人はやる気もあり、人も悪くないけど仕事ぶりが…あまりにも首になり続けるので「とりあえず臨時雇い=アルバイトから」ということで、気がつけばギルドに居着いていたり。それ以外にもスランプに苦しむ錬金術師の少女。歌手になりたかったシスターなど。なぜかお客様は女の子ばかり。なのでラブコメ要素もばっちり。

てっきりRPG世界で、転職を司るギルドの物語と思っていたのですが、職才という設定以外は、人生相談所ですね。どれも本人にとっては、人生がかかった悩みなのですが、端から見ていると、どことなくのんびりしたものばかり。基本いい人が多いので、読んでいて楽しいですね。この手の作品は、ネタが続く限りどこまでも続けられると思うのですが、この作品は、ラストで伏線を一気に回収してしまっているので、続刊は難しそうです。

★★★☆
posted by あにあむ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178835731

この記事へのトラックバック