2017年02月01日

グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜


著者:くしまちみなと
出版社:電撃ゲーム文庫
グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜

ソシャゲーのノベライズだったんですね。まったく気がつかずに購入していました。そーいやレーベルも電撃文庫じゃなく電撃ゲーム文庫ですね。なので以下はノベライズではなく、小説としての感想になります。

約300年前に突如として現れ、人類を無差別に駆除し始めた謎の怪物「霧の魔物」 この魔物への最も有効な対抗手段は、覚醒した人間のみが使用できる「魔法」の力という世界が舞台になっています。
主人公は、笠置佑也。子供の頃に、霧の魔物に襲われた時、魔法使いが自らの生命と引き替えに救ってくれたという経験を持ちます。それ以来、佑也は「覚醒して、少しでも多くの生命を守りたい」と強く願うようになっていました。ある日覚醒した佑也は、魔法を学ぶために「私立グリモワール魔法学園」に入学することになります。そこは男女比が2:8の美少女だらけの学園で、佑也はいろんな意味で注目を浴びることになります。彼は、思い描いた魔法使いになることができるのか?

日常描写がほとんどないまま、覚醒したので、てっきり両親は霧の魔物に殺されているという過去があるのだと思ったのですが、そうでもないみたいですね。両親の想いはどのようなものだったんでしょう。いや同級生からは別れの挨拶もまったくないという「魔法使い」という異質なものへの畏怖が描かれていたもので…

学園に入学する際、駅前から学園までのバスでいきなり魔物に襲われています。その際、偶然乗り合わせていた魔法少女・智花によって魔物を倒すことに成功するのですが、智花の能力であれば、本来そのような強力な魔物を倒すことはできなかった。なぜなのか? まあ読者には丸わかりなんですけどね。

学園の生徒たちは、魔物と闘うことが宿命づけられています。つまりいつ生命を落としておかしくないということ。そのため生徒たちは、青春を謳歌しようとしています。ただでさえ男子の少ない学園。そこに「天才」と思われる少年が転校してきたら…当然のように少女たちは、彼を狙うことになり…最初はハーレムを作れると、鼻の下を伸ばしていた佑也ですが、自分に魔力が無尽蔵という以外の能力がないことにうちのめされていきます。それを智花に救われ…佑也の成長と、少女たちとのラブコメがうまく融合して楽しい作品になっています。

★★★☆
posted by あにあむ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178620539

この記事へのトラックバック